カテゴリー
パッティングストロークについて パッティング練習 ブログ全投稿

足裏の重心のかかり方を修正したら安定する

パターを打つ時の体重のかかり方は結構重要です。

私の場合悪い時は少しつま先寄りに行っている感覚があります。

そうするとボールのラインも見えにくくなるし、なによりストロークでテークバックがアウトに上がることが出てきます。

そうすると自分ではインサイドインに振っているつもりなので、フォロー側はその動きになっているので、結果引っかけることになります。

その感覚にならないためになんかおかしいなと思った時には体重のかかり方をチェックしています。

どこに体重がかかるのが良いかと言ったら一番単純に言うとしたら足全体で均等に立つ感じです。

これができていれば上半身の悪い動きがしっかり抑えられます。それは上半身がしっかり下半身に乗った状態で打てるようになるからです。

ですので、いつもパッティングカウンセリングにいらしてくださった方は、まず最初に体重のかかり方をチェックしています。

それだけでストロークの悪い癖が直ってしまうことさえあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。