カテゴリー
パッティングストロークについて パッティング練習 ブログ全投稿

パッティングの調子が良いときと悪いときの違い

パッティングの調子が良いときってどんな感じなんだろうと考えてみました。

調子が良いときは…

   強めにラインを薄く読んでいる
   決めて(自信をもって)打っている
   しっかりヒットしている

こんな感じだと思います。多分これはみなさんも同じかと思います。ではなぜこれができなくなるのか?

調子が良いときの逆を考えてみると…

   保険をかけてジャストタッチで打とうとしている
   少し迷いがある(自信が無い)状況で打っている
   インパクトで緩んでいる

こうなってしまっています。こんな状況になったら入っても “入れた”というよりは “入ってくれた” という印象になっていますよね。

こんな状況で結果が悪ければどんどん悪い方向に行ってしまいます。

こうならなければ立ち直れる可能性があるので、どこかで自信を回復できるようなパッティングが必要なんでしょうね。

少しラウンドで意識してやってみようと思っています。でもなかなか難しいんですよね…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。