これもまた自己所有のすごいと思うパターを紹介します。

今日紹介するのは PING の Old Anser で時代は KARSTEN CO.(カーステンカンパニー/カーステンCO) 時代のものです。形状は Dalehead(デールヘッド) で個人的に好きな船底形状です。

このパター状態も良いのですがそれ以上にすごいと思っているのが、このパターは PING WRX(ピンワークス) に依頼し、トウ/ヒールにウェイトを埋め込んでもらいました。

そしてフェース面は軽くミーリングが入っています。

当時のパターはヘッド重量が320gもないものがあったりしますが、これは350gは超えています。

34.5インチのパターでもちろんロングファーストステップ。PING のラバーグリップがついてバランスはD8.2も出ています。

34.5インチとはいえD8.2も出ている Old Anser は見たことがないですよね。

このパター重くなっているせいか打感もずっしりしています。あまりスリットの影響による硬い音は出なくなっています。

Manganese Bronze(マンガニーズブロンズ) もこんな音になるんだ…という感じの感触です。

この他に同じく PING WRX にオーダーしてタングステンを入れてもらった Anser 2 も持っています。そちらも機会があったら紹介します。

  • コメント: 0

関連記事

  1. いざという時に信じられるストローク

    2020.03.17

    いざという時に信じられるストローク

    普段と違うグリーンの状態でやった時に、先日のラウンドのようにすっかり入らなくなっていてはスコアに…

    いざという時に信じられるストローク
  2. 自分に合った長さを見つけるには? 2/2

    2018.06.8

    自分に合った長さを見つけるには? 2/2

    前回は長いこと、短いことによるデメリットについてお話ししました。ではそうならないために自分に合った長…

    自分に合った長さを見つけるには? 2/2
  3. カップに届かない…

    2021.05.7

    カップに届かない…

    カップまで届かないということがラウンド中に何回かあります。こういう時に限ってラインに乗って…

    カップに届かない…
  4. アームロックパターにカスタム

    2020.12.1

    アームロックパターにカスタム

    ここのところ何本かのパターのアームロックパター化の依頼を受けたのでちょっと紹介します。デシ…

    アームロックパターにカスタム
  5. ほとんどの人が動いている右膝

    2018.11.28

    ほとんどの人が動いている右膝

    パッティングストロークの分析をしていると、ほとんどの方が下半身(膝)が動いてしまっています。…

    ほとんどの人が動いている右膝
  6. アドレス状態からボールを押し出す練習は基本的にダメ

    2021.09.21

    アドレス状態からボールを押し出す練習は基本的にダメ

    この練習が何の練習になるのか?疑問ばかりです。でもこのイメージでフォローを出している人が結…

    アドレス状態からボールを押し出す練習は基本的にダメ
  7. ラインが見やすい角度で構える

    2020.02.18

    ラインが見やすい角度で構える

    全ての方にあてはまる話ではないという前提でお読みください。先日ストロークを見た方で、どう…

    ラインが見やすい角度で構える
  8. 転がりの良いボールを打つには

    2019.04.10

    転がりの良いボールを打つには

    ボールの転がりの評価は、クラブの縦の軌道と当たるときのインパクトロフトです。その組み合わせ…

    転がりの良いボールを打つには
  9. 練習量が多すぎると…

    2020.10.1

    練習量が多すぎると…

    自分の悪いところや改善すべき点がわかると一生懸命練習して身につけようとします。器用な人はす…

    練習量が多すぎると…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP