今回紹介するのは自分のコレクションの一つの T.P. MILLS のパターです。

モデルは RS(Rising Sun) の PROTOTYPE で、セミロングネックのパターです。

ヘッド重量は軽めが好きな私に合わせて 344g で作ってもらいました。ヘッド素材は軟鉄で黒色酸化皮膜処理された綺麗なパターです。

ネック部分を軽量化して重心が上がらないようにしています。ちなみにネックは溶接です。

フェース面センターには T.P. MILLS らしい十字のドット、そしてヒール側に T.P. MILLS、トウ側には TOSHI と入っています。

ソール面もまた盛りだくさんで RISING SUN のマークに加えて by David Mills の刻印、そして HAND MADE の刻印もあります。 

ラウンドでは3回くらいしか使っていませんが、軟鉄のすごく柔らかい打感は最高の一本です。

今度はもっと T.P. MILLS らしい形状(L字とか)をお願いしてみたいなと思います。

David さん元気かな?Holiday Collection のパターをオーダーいただいた方の名前入りで販売したのが懐かしい…。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 頭が動かないでショルダーストロークはできないのか?

    2021.06.30

    頭が動かないでショルダーストロークはできないのか?

    頭を動かさないで肩の上下だけでストロークをするのは本当にできないのかやってみました。その結…

    頭が動かないでショルダーストロークはできないのか?
  2. CAPTO 検証3 グリッププレッシャーの影響

    2020.04.24

    CAPTO 検証3 グリッププレッシャーの影響

    今日は再び戻って CAPTO での実験シリーズです。日頃からグリップはゆるゆるはダメでしっ…

    CAPTO 検証3 グリッププレッシャーの影響
  3. 長尺パター復活のための下準備 2

    2020.07.8

    長尺パター復活のための下準備 2

    長尺に興味がない方はすみません...。長尺復活作戦の第二話です。以前入れていた色があまりに…

    長尺パター復活のための下準備 2
  4. テークバックは手で引かない

    2019.05.24

    テークバックは手で引かない

    パッティングストロークの分析にいらした方の話を聞くと、テークバックをどう引いたらいいかということを…

    テークバックは手で引かない
  5. 気になっていたパターグリップ

    2020.04.8

    気になっていたパターグリップ

    少し前から気になっていたパターグリップが入荷しました。そのグリップは LAMKIN の …

    気になっていたパターグリップ
  6. ライ角/ロフト角調整時の注意 その1

    2020.03.9

    ライ角/ロフト角調整時の注意 その1

    最近は月に20本以上のパターの調整をしています。他で断られたパターもお持ちいただければだいたいの…

    ライ角/ロフト角調整時の注意 その1
  7. 手首を動かさない(固定する)ためにしっかり握る

    2021.12.8

    手首を動かさない(固定する)ためにしっかり握る

    この話題も何度も定期的にお話ししていると思います。グリップはどのくらいの強さで握っています…

    手首を動かさない(固定する)ためにしっかり握る
  8. とりあえずならドットペイントで

    2020.12.2

    とりあえずならドットペイントで

    サイトドットを入れたいという依頼がストローク分析にいらした方からありました。サイトドットは…

    とりあえずならドットペイントで
  9. パッティングストロークのリズム

    2019.07.19

    パッティングストロークのリズム

    ショットでもパッティングでもリズムの話が出てきます。私もリズムという話をすることが結構あり…

    パッティングストロークのリズム

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP