パッティングストロークには途中振るスピードが変わらないタイプの打ち方と、インパクトで力を入れるタイプの打ち方があります。

このストロークタイプで合うヘッド、合わないヘッドも出てきます。

やはり慣性モーメントが大きいパターは基本的にヘッド重量も重くなっています。ヘッド重量が重いから慣性モーメントが大きいという考え方もできます。

慣性モーメントとヘッドの奥行きも密接な関係があります。慣性モーメントが大きければボールを前に飛ばす力がヘッド自体にあるので、小さなtからでもボールが飛んでくれます。

これが慣性モーメントが小さいブレード型のパターは、デザイン上ヘッド重量も重くしづらいのもあって、慣性モーメントが大きいパターに比べてヘッド重量が軽い場合がほとんどです。

ですので、慣性モーメントが小さいヘッドは自分でボールに力を加えないと飛んでいかない、慣性モーメントが大きいパターはヘッドの重みだけで飛ばせるわけです。

自分のストロークタイプがどんなタイプかによってヘッド形状を選ぶのもありですね。

ただこれはこれまでに使ってきたパター遍歴にも左右されるので、PING型(ブレード型)をずっと使ってきた方が大型マレットを使うと同じ打ち方でも飛んでしまうので、インパクトが緩んでしまうことが結構あります。

逆にこれまでマレットだった方は同じ力でPING型(ブレード型)を打つと飛んでいかないので、インパクトを強くしなければならないということが起こります。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ライ角調整と打ち出し方向

    2019.05.28

    ライ角調整と打ち出し方向

    パッティングストローク分析にいらした方に最適なライ角についてお話しすると、ほとんどの方が納得してい…

    ライ角調整と打ち出し方向
  2. 打点の意識と縦の軌道

    2018.11.19

    打点の意識と縦の軌道

    少し前にボールの横に電池を置いて、フェースの下の方で打つ感覚を養う練習について話しました。そ…

    打点の意識と縦の軌道
  3. ストロークが変わるきっかけ

    2020.03.19

    ストロークが変わるきっかけ

    今までよかったのに急に今までのことができなくなることってたまにあります。身近に自分の良い…

    ストロークが変わるきっかけ
  4. STABILITY Shaft 実験3

    2019.06.20

    STABILITY Shaft 実験3

    先日作った TRUECoG CUPRUM が少しヘッドがききすぎてしまった印象があったので、ヘッド…

    STABILITY Shaft 実験3
  5. duckbill golf NO-LOGO Rocker Sole Remake

    2019.09.27

    duckbill golf NO-LOGO Rocker Sole R…

    ダックビルゴルフのオリジナルパターの Rocker Sole Remake(ロッカーソールリメイク…

    duckbill golf NO-LOGO Rocker Sole Remake
  6. テークバックで揺れる人は…

    2020.09.25

    テークバックで揺れる人は…

    テークバックが安定しない人が結構いらっしゃいます。そんな方に勧めているのがテークバックの時…

    テークバックで揺れる人は…
  7. インパクトしたければ軽めのヘッド

    2021.05.13

    インパクトしたければ軽めのヘッド

    パッティング時のインパクトのイメージに寄って使いやすいパターは変わってくると思っています。…

    インパクトしたければ軽めのヘッド
  8. どうしたら効果的な練習ができるか?

    2021.08.11

    どうしたら効果的な練習ができるか?

    パッティングカウンセリングでは、カウンセリング後の練習方法についてもお話ししています。せっ…

    どうしたら効果的な練習ができるか?
  9. グリップエンドの向き

    2020.06.8

    グリップエンドの向き

    パターのグリップを自分でいれる方が結構いらっしゃいますが、グリップを真っ直ぐ入れるってかなり神経を…

    グリップエンドの向き

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP