先日まったくバランスが出ていない状況で、ヘッドの重みを感じないという方のシャフト交換をしました。

バランスはもちろんシャフトバランスによっても変わりますが、一番大きな影響を与えるのは長さです。

その方はパターを32インチにしているにもかかわらずヘッド重量は345g。

Cameron さんがこだわる長さに対するヘッド重量で考えると、35インチ/340g、34インチ/350g、33インチ/360g になっているので、32インチでは370gのヘッド重量が無いと必要なバランスを得られないことになります。

そうすると計算上は25gも足りないわけです。

ただ今回140gのシャフト重量のシャフトを入れてみたところ、思った通りバランスは出ないのですが全体がずっしり重くなったのでバランスも重くなった感じになりました。

25g のヘッド重量アップはかなり難しいですが、シャフトを重くするのは比較的容易です。最近は160gなんていうシャフトもありますので、それも面白いですね。

持った時の重量で自分の感覚がごまかされているわけですが、その感覚がずっと続くのであればこれもいいですね。

もちろん重いシャフトの効果で若干のバランスアップの効果はあります。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 距離感が合わない原因

    2018.11.9

    距離感が合わない原因

    パッティングストロークには大きく分けて2種類のタイプがあると思っています。一つはストローク中…

    距離感が合わない原因
  2. カップまでの距離とカップインするための打ち出し方向の関係 1/2

    2018.06.19

    カップまでの距離とカップインするための打ち出し方向の関係 1/2

    3m先のカップに入れるためには打ち出し方向が1度以内の誤差にならなければならないという話を聞いたこと…

    カップまでの距離とカップインするための打ち出し方向の関係 1/2
  3. インパクトしたければ軽めのヘッド

    2021.05.13

    インパクトしたければ軽めのヘッド

    パッティング時のインパクトのイメージに寄って使いやすいパターは変わってくると思っています。…

    インパクトしたければ軽めのヘッド
  4. また長尺パターに興味が…

    2020.06.18

    また長尺パターに興味が…

    先日ラウンドしたプロが長尺パターを使っていました。2~3mのパーパットやバーディーパットは…

    また長尺パターに興味が…
  5. ショートパットのミスを知る実験 実験方法編

    2018.07.2

    ショートパットのミスを知る実験 実験方法編

    今日は今回の実験の方法を説明します。狙う距離は1.5mで、狙う方向は1カップ左と右。1カップ…

    ショートパットのミスを知る実験 実験方法編
  6. 止めながら動かす場所

    2019.12.12

    止めながら動かす場所

    昨日はパッティングストロークをする際に止めておきたい場所についてお話ししました。今回は先日…

    止めながら動かす場所
  7. 重いヘッドの方が安定しやすい

    2019.04.18

    重いヘッドの方が安定しやすい

    ここ10年くらいでパターのヘッド重量は20g以上重くなっています。320g程度のヘッド重量…

    重いヘッドの方が安定しやすい
  8. パッティングストロークの軸はどこにあるのか?

    2021.09.7

    パッティングストロークの軸はどこにあるのか?

    このことについてずっと考えています。肩の位置が止まって両方の肩の先だけで動かしてしまうと、…

    パッティングストロークの軸はどこにあるのか?
  9. STRAIGHT TRAX で練習

    2019.01.24

    STRAIGHT TRAX で練習

    先日購入してみたレッドベターの練習グッズの「STRAIGHT TRAX」で練習してみました。…

    STRAIGHT TRAX で練習

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP