先日のラウンドで前半のハーフは厳しいパーパットやバーディーパットを沈めることができてスコアは37回、パット数は15パットでした。

そこから昼ご飯を食べて、出だしのホールでティショットは良かったのですが、セカンドがうまくいかずバンカー。そこから寄せきれずパターも入らずボギー…。

そして次のホールはアプローチが寄せきれず1.5m位のパットを外してすっかりその後のパッティングがおかしくなってしまいました。

後半のスコアは42回で普通なら入る1m以内のパットを3回も外しました…。

こうなってくるとすっかり自信はなくなりますよね。そうなるとどうなるかがよくわかりました。

まずはしっかりボールをヒットできない…。ヒットできないので打ち出したい方向に真っすぐ打ち出せない…。

そしてどんどん入らないスパイラルにはまっていきます。こういう事態には陥りたくないですよね。でもこの日の後半のハーフはそんな感じでした。

ティショットはラウンド中ずっと良くて、アイアンショットは少し乱れるときもあるけどチャンスも来る。でも外したときのアプローチが寄せきれず厳しいパットが残って、ラインも難しいラインになる…こんな感じでした。

こういう状況になってもしっかり体で打てるような精神力を持ちたいと思います。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ストロークが変わるきっかけ

    2020.03.19

    ストロークが変わるきっかけ

    今までよかったのに急に今までのことができなくなることってたまにあります。身近に自分の良い…

    ストロークが変わるきっかけ
  2. フェース素材とロフトの関係

    2019.07.5

    フェース素材とロフトの関係

    フェースの素材は打感に大きく影響を与えます。打感が柔らかい物は硬く感じるものに比べてボールがフェー…

    フェース素材とロフトの関係
  3. パターの調整は本当に大事

    2021.03.11

    パターの調整は本当に大事

    パッティングカウンセリングやストローク分析にいらしてくださった方の半分以上はパターのロフト/ライの…

    パターの調整は本当に大事
  4. パターのライ角について

    2019.10.7

    パターのライ角について

    これまで色々なパターのライ角を計測してきたのですが、カタログ値と違うことがあります。これは…

    パターのライ角について
  5. 一般的なピン型の重心位置

    2019.10.23

    一般的なピン型の重心位置

    PING の Anser の形状のパターを使っている人に知っておいてもらいたいことがあります。…

    一般的なピン型の重心位置
  6. 調子が良い時ほど

    2021.04.6

    調子が良い時ほど

    パッティングが調子が良い時って普段と何が違うんだろうと考えたことがあります。まず最初に一番…

    調子が良い時ほど
  7. TRUECoG CUPRUM に UST Mamiya FF Shaft

    2019.09.24

    TRUECoG CUPRUM に UST Mamiya FF Shaf…

    以前 STABILITY Shaft を入れてバランスが重くなり過ぎてしまった HILLCREST…

    TRUECoG CUPRUM に UST Mamiya FF Shaft
  8. 柔らかいグリップが合うタイプの人

    2019.05.27

    柔らかいグリップが合うタイプの人

    昨日は柔らかいグリップが合わない人の話をしたので、今日は逆に柔らかいグリップが合う人の話をします。…

    柔らかいグリップが合うタイプの人
  9. 長い距離が届かない

    2019.07.25

    長い距離が届かない

    先日長い距離がショートしてしまうという方がいらっしゃいました。ミドルパットのストロークは綺…

    長い距離が届かない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP