パターの打ち方としてはショルダーストロークは理想の打ち方だと思っていますが、それが全ての人に言えるわけではありません。

ショルダーストロークが合う人の条件で一番大きい要素はヘッド重量(ストロークバランス)だと思っています。

ヘッドが軽くてバランスが出ていないパターでショルダーストロークをするのはなかなか難しいものですし、ボールを飛ばすことができません。

ヘッドが軽くバランスが出ていないパターはやはり強いインパクトをしなければボールは飛んでいきませんので打ち方を変えなくてはなりません。

インパクトで力を入れるには、体で動くよりも手だけで動く方がやり易くなります。

ですのでパッティングカウンセリングではお持ちいただいたパターのスペックは事前に計らせていただきます。

その人のパターに合ったその人だけの再現性高くできるストロークを見つけるのがパッティングカウンセリングです。

綺麗なストロークや理想のストロークが入るわけではありません。数値だけを追い求めても結果が悪かったり再現性が低ければ意味がありません。

是非パッティングカウンセリングで自分のストロークをみつけに来てください。ご予約は info@puttinglabo.com まで!

  • コメント: 0

関連記事

  1. 軟鉄素材とステンレス素材の違い

    2018.12.11

    軟鉄素材とステンレス素材の違い

    先日久しぶりに軟鉄ヘッドに銅メッキを施した duckbill golf Rocker Sole Re…

    軟鉄素材とステンレス素材の違い
  2. 万人向けの練習グッズはありませんが…

    2018.07.13

    万人向けの練習グッズはありませんが…

    世の中にはたくさんの練習グッズがあり、それぞれ開発者の意図する使い方があります。ですがそれをきちんと…

    万人向けの練習グッズはありませんが…
  3. 旗竿を抜かずにプレーする

    2019.02.26

    旗竿を抜かずにプレーする

    旗をさしたままプレーするときにこんな風にしたら良さそうだという話しをちょっとします。まず、旗竿に当…

    旗竿を抜かずにプレーする
  4. ルーティーンのどこで距離感を作るか?

    2020.02.20

    ルーティーンのどこで距離感を作るか?

    距離感を作るには目標地点(カップ)まで届かせるイメージを持ちながら素振りなどをする場合が多いです…

    ルーティーンのどこで距離感を作るか?
  5. 久しぶりのラウンドで考えていたことは…

    2020.06.15

    久しぶりのラウンドで考えていたことは…

    久しぶりのラウンドでパッティングや、アプローチの感覚が大丈夫かかなり不安がありました。その…

    久しぶりのラウンドで考えていたことは…
  6. フェースの下目で打つイメージを作る練習

    2018.06.25

    フェースの下目で打つイメージを作る練習

    パッティングストローク分析をしていると、ヘッドの縦方向の動きがわかります。ダウンブローに当たっている…

    フェースの下目で打つイメージを作る練習
  7. パターのシャフトを重くする効果

    2018.07.12

    パターのシャフトを重くする効果

    パター用のシャフトに色々種類があるのはご存知でしょうか?ウッドやアイアンはシャフト交換という…

    パターのシャフトを重くする効果
  8. やっぱり引っかかる

    2019.09.18

    やっぱり引っかかる

    先日久しぶりに Scotty Cameron の 009 を使って感じたことがあります。し…

    やっぱり引っかかる
  9. 肩甲骨を開くか?閉じるか?

    2019.06.28

    肩甲骨を開くか?閉じるか?

    パッティングのアドレスで肩甲骨の話をすることがよくあります。アドレスの時に肩甲骨を開いて肩…

    肩甲骨を開くか?閉じるか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP