これまで10年近くパッティングの分析をしてきてここを気をつけるとストロークが良くなるというポイントが絞れてきました。

このブログを見ていただいている方はなんとなくおわかりかもしれませんが、少し前までは一か所だったのですが、最近は二か所になりました。

一つは右膝、そして最近加わったのは左肘(左脇)です。

右膝を止めることでかなりショルダーストロークの意識が強く持てるようになります。これはパッティングカウンセリングに来ていただいた方には必ずと言っていいほどやっていただく意識です。

そして最近はこれに加えて左肘の場所の意識をもってもらうことを加えています。

アドレスでできた左肘と左脇との距離感を最後まで保つ意識を持ってもらうことで、ストロークの軌道がかなり改善されます。

あとは手は絶対に動かさないことが意識できれば素晴らしいストローク軌道が得られることになります。

このイメージを何とかうまく練習できる方法を考えたいんですよね。でも何かできるような気がしていますので、ご期待ください!

  • コメント: 0

関連記事

  1. 久しぶりのラウンドで考えていたことは…

    2020.06.15

    久しぶりのラウンドで考えていたことは…

    久しぶりのラウンドでパッティングや、アプローチの感覚が大丈夫かかなり不安がありました。その…

    久しぶりのラウンドで考えていたことは…
  2. パッティングストローク分析をしていて感じること

    2018.05.27

    パッティングストローク分析をしていて感じること

    これまでたくさんのアマチュアゴルファー、プロゴルファーのパッティングストローク分析をしてきました。…

    パッティングストローク分析をしていて感じること
  3. パターのすわりを考える

    2019.03.4

    パターのすわりを考える

    パターにはすわりというものがあります。このすわりによってアドレスに結構影響が出ます。すわりが良い状…

    パターのすわりを考える
  4. 「無意識のパッティング」 その4

    2020.04.16

    「無意識のパッティング」 その4

    今日で最後の「無意識のパッティング」の話です。今日は自分自身も少し考え方に影響を受けた重要な話で…

    「無意識のパッティング」 その4
  5. 自分の癖をつかむ

    2019.06.6

    自分の癖をつかむ

    パッティングストロークの分析をしていただいてよくわかるのは自分の癖です。癖はほとんどの場合…

    自分の癖をつかむ
  6. ちょっと足の位置を変えるだけで

    2020.02.4

    ちょっと足の位置を変えるだけで

    先日ストローク分析をした方で、すごく簡単なことで色々な部分が改善できた人がいました。それ…

    ちょっと足の位置を変えるだけで
  7. サイトラインの場所が重心のパター

    2020.08.6

    サイトラインの場所が重心のパター

    サイトラインは本来方向を確認するだけでなく、そこで打つイメージで打っている方が多いと思います。…

    サイトラインの場所が重心のパター
  8. 軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果1

    2019.05.15

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果1

    ずいぶん間が空いてしまいましたが、先日作ってみた ODYSSEY Stroke Lab 風のパター…

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果1
  9. Stability Shaft の意外な効果

    2019.06.21

    Stability Shaft の意外な効果

    先日のラウンドで Stability Shaft を入れた HILLCREST TRUECoG S…

    Stability Shaft の意外な効果

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP