とりあえずグリップを入れてすぐはグリップも動くので腕に密着しやすい方向で調整することにしました。

いろいろやってみると少しハンドファーストにしないと手首が痛くなる角度になってしまうので、そうした時に自分の腕に密着させるには、少し開いて入れると良いことがわかりました。

ということで少し開いた状態で確定。そして次はロフトです。

ハンドファーストが通常よりも強めになるので、その分ロフトは大きくならなければなりません。

ということでひとまずは6度に調整。ヘッドのすわりはよくなりました。もっとしてもいいかなという感じでしたがとりあえずはこのくらいで使ってみます。

次にライ角ですが、こちらはもともと69度に調整していたものを70度に戻しました。もっとアップライトかとも思いましたが、下の方を持つので前傾が深くなり、このくらいでもいいということが分かったので70度で確定。

このグリップで持つと、左手の人差し指を横の面に延ばして置きたくなります。

その上から右手をかぶせて持つ感じがしっくりくるのですが、最初やろうと思っていたクローグリップではグリップ形状がほぼ正四角形なのでやりにくいことがわかりました。

普通に持つなら普通のクローグリップか、長目のクローグリップの方が良いかもしれません。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 真っ直ぐ引いて真っすぐ出すは自然な動きではない

    2020.03.16

    真っ直ぐ引いて真っすぐ出すは自然な動きではない

    フェースバランスのパターを持って、ヘッドを打ちたい方向に対して真っ直ぐに引いて真っ直ぐに出すイメ…

    真っ直ぐ引いて真っすぐ出すは自然な動きではない
  2. 「無意識のパッティング」 その1

    2020.04.13

    「無意識のパッティング」 その1

    緊急事態宣言にともない、営業を自粛しているので時間がたくさんできました。その間に読んでみたい本や…

    「無意識のパッティング」 その1
  3. 重心角によるアークの変化

    2020.08.27

    重心角によるアークの変化

    今日は少しやってみていただきたいことがあります。まずパターを普段通りに構えて見てください。…

    重心角によるアークの変化
  4. インパクトを作る

    2020.08.7

    インパクトを作る

    今日の話は自分と同じタイプの打ち方をしている人限定の話です。全ての人に当てはまる話ではありませんの…

    インパクトを作る
  5. 身体で動かなければ肘が動く

    2020.11.6

    身体で動かなければ肘が動く

    ショルダーストロークがうまくできないと動く場所があります。それは肘...。肘の位置…

    身体で動かなければ肘が動く
  6. SUS303 Rocker Sole Remake を作る 2 「長さとシャフト」

    2018.09.7

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 2 「長さ…

    少し前までは自分のパターの長さは33インチと決めていたのですが、最近のパターは33.75インチにして…

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 2 「長さとシャフト」
  7. ロフト調整で変わる打音

    2019.05.30

    ロフト調整で変わる打音

    インパクト時のハンドファーストもしくはハンドレイトの度合いによってインパクトロフトが変わります。…

    ロフト調整で変わる打音
  8. フェースが真っ直ぐに向く感覚

    2018.10.25

    フェースが真っ直ぐに向く感覚

    アドレス時のフェースの向きは絶対に真っ直ぐに向いていなければならないというとそうでもないのですが、や…

    フェースが真っ直ぐに向く感覚
  9. しっかり芯でヒットする

    2019.08.22

    しっかり芯でヒットする

    ここ何ラウンドかでこの「芯でヒットする」ことの重要性について感じています。直近のラウンドが…

    しっかり芯でヒットする

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP