自分の悪いところや改善すべき点がわかると一生懸命練習して身につけようとします。

器用な人はすぐにコツを掴んで身につけることができるのですが、簡単にできるようになったことは意外と落とし穴があります。

以前もお話ししましたが一生懸命やる人にはこのすぐにできるようになる人と、すごく時間をかけないとできるようにならない人がいます。

簡単にできるようになるパターンに人が気をつけることは、自分が掴んだコツは徐々にやりすぎになってきて元々の悪い動きの逆になってしまうことがあることです。

こういう人たちをたくさん見てきました。ですので、何かそうならないための確認手段を持って練習を頑張ることが必要です。

時間をじっくりかけてできるようになる人は、徐々にできるようになっていくのでやり過ぎになることはそれほど心配ありません。

どちらのパターンも念のためやり過ぎにならないような確認手段を持っていることは保険になります。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 距離感が変わっってしまう要素

    2020.04.1

    距離感が変わっってしまう要素

    パターを変えたら距離感が合わなくなってしまったという話をよく聞きます。この距離感が変わって…

    距離感が変わっってしまう要素
  2. ボールをフェースに乗せて運ぶ その1

    2019.01.7

    ボールをフェースに乗せて運ぶ その1

    パッティングで良い当たりをした時の感触をこんな風に表現することがあります。適正なロフトで適正…

    ボールをフェースに乗せて運ぶ その1
  3. 近過ぎるボールとの距離

    2019.03.11

    近過ぎるボールとの距離

    ストローク分析をする際に最初にフリーで打っていただいて色々観察させていただくのですが、ボールとの距…

    近過ぎるボールとの距離
  4. グリップを変えるときの注意

    2018.10.30

    グリップを変えるときの注意

    パターのグリップは本当に慎重に変えた方が良いパーツです。重さ、太さ、素材、形状など色々な要素…

    グリップを変えるときの注意
  5. 知らないだけっていう人が多い

    2020.09.14

    知らないだけっていう人が多い

    パッティングの理想の動きはショルダーストロークだと考えています。脇から先はストローク中動か…

    知らないだけっていう人が多い
  6. 何故突然パンチが入るのか?

    2018.10.10

    何故突然パンチが入るのか?

    ショートパットでソフトに打てないという方が結構いらっしゃいます。ショートパットですのでテーク…

    何故突然パンチが入るのか?
  7. STABILITY Shaft 実験6

    2019.06.27

    STABILITY Shaft 実験6

    昨日の比較データに引き続きこれも STABILITY Sahft の効果だろうと思える部分を紹介し…

    STABILITY Shaft 実験6
  8. 腹圧を上げるのを忘れてた…

    2020.03.13

    腹圧を上げるのを忘れてた…

    先日ラウンドをしていて気が付いたことがあります。そのラウンドではパッティングの調子が悪く…

    腹圧を上げるのを忘れてた…
  9. 読み違いとストロークのミスを区別する

    2020.07.22

    読み違いとストロークのミスを区別する

    以前も話題した内容ですが、再度お話ししておきます。パッティングのミスを引きずるという人が結…

    読み違いとストロークのミスを区別する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP