よくパッティングにおいてやると良いと言われることがあります。

「左目の下にボール」
「フェースを目標に真っすぐ向ける」
「ボールを芯で打つ」
「ボールを打った後すぐに頭を上げない」

まだまだたくさんありますが、この辺にしておきましょう(笑)。

これらのことはやった方が良いことではありますが、やっていれば入ることを約束されることではありません。

これらの事が全てできていなくても入るときは入ります。ですので、あまり色々なことをやろうと考えすぎないようにすることがパッティングをシンプルにすることにつながります。

とにかくパッティングはシンプルに、考えすぎずやることが良いと思います。

自分の打ち出したい方向に再現性高く打ち出す。これができればその過程はどうでもいいのです。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 知らないだけっていう人が多い

    2020.09.14

    知らないだけっていう人が多い

    パッティングの理想の動きはショルダーストロークだと考えています。脇から先はストローク中動か…

    知らないだけっていう人が多い
  2. テークバックで開かないイメージ

    2020.09.3

    テークバックで開かないイメージ

    最近取り入れてパッティングが復活しつつあります。そのイメージが表題の「テークバックで開かな…

    テークバックで開かないイメージ
  3. たまに性質の違うパターを使ってみる

    2020.05.27

    たまに性質の違うパターを使ってみる

    ここのところ ANSER型 ばかり使っていますが、たまにマレット型を使ってみたりするとボコボコ入っ…

    たまに性質の違うパターを使ってみる
  4. パット=ショットの縮図

    2020.08.3

    パット=ショットの縮図

    パッティングストロークがショットで取り組んでいるイメージに近くなってくるという話はすごくよくありま…

    パット=ショットの縮図
  5. ボールのラインを合わせることのメリット

    2018.08.24

    ボールのラインを合わせることのメリット

    ボールのプリントに直線部分があったりすると、そこをターゲットに向けてボールを置いたり、自分で太いライ…

    ボールのラインを合わせることのメリット
  6. 自分の癖をつかむ

    2019.06.6

    自分の癖をつかむ

    パッティングストロークの分析をしていただいてよくわかるのは自分の癖です。癖はほとんどの場合…

    自分の癖をつかむ
  7. 意外とヘッドアップしてた

    2019.06.7

    意外とヘッドアップしてた

    最近スマホのカメラの機能が良くなっていますね。ビデオの機能もスローモーションができたりして…

    意外とヘッドアップしてた
  8. 多方面からラインを見る

    2018.11.26

    多方面からラインを見る

    先日のラウンドではこれまでよりも入念にラインを読むことを心掛けました。ラインを読むことも他の…

    多方面からラインを見る
  9. アドレス時のライ角の見え方

    2020.07.1

    アドレス時のライ角の見え方

    パターをアドレスした時に見えている景色の感じ方は人によって異なります。トウが浮かないように…

    アドレス時のライ角の見え方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP