先日の Wrist Lock グリップに引き続き、今日はクローグリップ用のグリップの紹介です。

クローグリップで握る人を最近少し見かけるようになりました。右手は添えるだけのイメージで打てるので、右手を使ってしまう人には効果がありそうです。

この Traxion Claw Grip の特徴は、まず左手を握った感じは結構太い感じがします。

そして右手部分は平べったい感じで、上面の平らな感じは FLATSO に似た感じです。

以前クローグリップを試していた時は FLATSO 1.0 を使っていたので、それよりも左手部分の頼りない感じが軽減された感じです。

最近の Super Stroke のグリップに搭載されている TECH PORT がついていて、少しカウンターっぽくすることも可能になっています。

以前の表面がつるつるな感じが TRAXION CONTROL 素材のおかげで雨の日も滑らない感じになりました。

細いグリップでクローグリップはなかなかやりにくいので、クローグリップをされている方はこのグリップは握りやすいでしょうね。

  • コメント: 0

関連記事

  1. フェース向きのコントロールの練習 3

    2018.08.10

    フェース向きのコントロールの練習 3

    ちょっと間が空いてしまいましたが、フェース向きのコントロールの練習の難しいバージョンを紹介します。…

    フェース向きのコントロールの練習 3
  2. Scotty Cameron のパターをお色直し

    2018.09.12

    Scotty Cameron のパターをお色直し

    今日は Rocker Sole Remake のお話しは一回お休み...。先日少し開いてグリップが入…

    Scotty Cameron のパターをお色直し
  3. バランスが重いパターで打てない

    2019.06.17

    バランスが重いパターで打てない

    ここのところ何名かの方で同じような症状が見受けられたのでちょっと書いておきます。ヘッド重量…

    バランスが重いパターで打てない
  4. 「決めたら打つ」って良い言葉

    2019.08.7

    「決めたら打つ」って良い言葉

    全英女子オープンを制した渋野プロのインタビューで印象的な言葉がこの「決めたら打つ」です。良…

    「決めたら打つ」って良い言葉
  5. プロでもある意識し過ぎ

    2018.10.29

    プロでもある意識し過ぎ

    先日スタジオに来たプロのパッティングストロークの分析をしながら色々なことがわかりました。まず…

    プロでもある意識し過ぎ
  6. シャフトを重くすると… その1

    2018.10.31

    シャフトを重くすると… その1

    パターのシャフトを重くしてみたいと思っている人は多いかと思います。みなさんが期待しているのは…

    シャフトを重くすると… その1
  7. フェースを真っ直ぐ出そうと思うと

    2019.02.13

    フェースを真っ直ぐ出そうと思うと

    パッティングストローク分析をしていてよく聞くストロークのイメージが打った後のフェースの向きのイメー…

    フェースを真っ直ぐ出そうと思うと
  8. 「無意識のパッティング」 その1

    2020.04.13

    「無意識のパッティング」 その1

    緊急事態宣言にともない、営業を自粛しているので時間がたくさんできました。その間に読んでみたい本や…

    「無意識のパッティング」 その1
  9. フェースの下に当てるだけではない

    2019.02.22

    フェースの下に当てるだけではない

    転がりの良いパッティングをするためには、いろいろな条件があります。フェースの下で当てることはある…

    フェースの下に当てるだけではない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP