ショートパットが苦手という方が結構いらっしゃいます。

例えば1mのパーパット。これは絶対に入れたいですよね。でもこの距離って結構外れることがあります。

私もショートパットがすごく嫌な時期があって、それがきっかけで長尺パターを使ったりしました。

長尺パターは使い方を間違えなければ自動的に左右対称の打ち方になるので、アドレスで目標方向をしっかり向けられていれば、ほとんど外れることはありません。

ショートパットが外れる時には、二つの要素が重なることで起きます。一つ目はフェースの向き、もう一つはクラブ軌道です。

例えば右カップ内側と読んでその方向にアドレスを合わせる。でも右に打つ意識があるからテークバックがインに入る。これが一つ目。

そして打ちたい方向に真っ直ぐ向けていたのに右に打ちたい意識があるのでフェースを開いてしまう。これが二つ目。

この二つが重なってショートパットのプッシュが出ます。これがどちらかだけだとよっぽどフェースの向きが右に向かない限り外れるほど右には行かないです。

ですので、ショートパットではいつものリズムで速くならずに、向いた方向が真っすぐの方向だと思ってフェース面の作り方も、軌道もいつも通り普通に振ることが重要になります。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 手首を使わないために

    2018.12.19

    手首を使わないために

    ストローク中に手首を使わないためにどうしたらいいか?そんなことを結構聞かれることがあります。…

    手首を使わないために
  2. 重いヘッドがもてはやされていますが…

    2019.08.30

    重いヘッドがもてはやされていますが…

    最近はヘッド重量が重いパターが多いですよね。中には PING のように重いヘッドにもしても…

    重いヘッドがもてはやされていますが…
  3. グリップとバランスの関係

    2019.12.16

    グリップとバランスの関係

    パターのグリップを変えるときにグリップ重量に関して気をつけている方は結構多いと思います。数…

    グリップとバランスの関係
  4. フェースの素材とボール

    2019.02.25

    フェースの素材とボール

    ボールの種類によってドライバーのつかまりが変わったりしますが、パターのフェース面の素材と、ボールに…

    フェースの素材とボール
  5. ボールがつかまりすぎる原因

    2020.01.14

    ボールがつかまりすぎる原因

    どうしても思ったより左に行ってしまうというときに考えるべきことがあります。一つはフェース…

    ボールがつかまりすぎる原因
  6. 膝の位置を動かさないで素振り

    2020.05.14

    膝の位置を動かさないで素振り

    先日ちょっと動画を撮ってみました。もしかしたら違うところで見る機会がある人もいるかもしれませんが、…

    膝の位置を動かさないで素振り
  7. 打つ時にあれこれ考えてると…

    2019.08.19

    打つ時にあれこれ考えてると…

    良いストロークをしようと強く思っている人ほど、ぎこちないストロークになってしまうことがあります。…

    打つ時にあれこれ考えてると…
  8. ストローク分析@AFTER GOLF(栃木/佐野)

    2019.11.28

    ストローク分析@AFTER GOLF(栃木/佐野)

    ちょっと今日は告知です。四谷にあるトータルゴルフフィットネスさんではずっと出張ストローク分析をさせ…

    ストローク分析@AFTER GOLF(栃木/佐野)
  9. duckbill golf RSR17 for M.Y.

    2020.06.19

    duckbill golf RSR17 for M.Y.

    先日オーダーいただいた duckbill golf の Rocker Sole Remake 20…

    duckbill golf RSR17 for M.Y.

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP