パターのネックが棒ではなくて、平面になった TRUSS パターが話題ですね。

自分は見かけから使うことはないと思いますが、ダスティンジョンソンが TRUSS を使っていきなり優勝してちょっと盛り上がり始めました。

このパターの開発コンセプトを自分なりに考えると、オフセンターヒット時のヘッドのブレを抑えると言うのが主な効果だと思います。

それが通常のネックと平面のネックでどのくらい変わるのかはわかりませんが、ショートパットよりはロングパットの方が影響を受けそうです。

例えばフェースの先に当たればフェースは開こうとしますので右に向く感じがします。逆にヒール側で当たればフェースは閉じようとするので左を向きます。

でもこれってネックがねじれて起こっている現象というよりは、インパクト時の衝撃に負けて起きているような気もしますね。

でも打ってみるとなんとく開いたり閉じたりしているのが少ないような気画するのは確かです。

これってもしかするとヘッドの前後のブレに加えて上下のブレにも効果があるかもしれませんね。

エネルギーロスの観点からどんなデータになるのかちょっと CAPTO で実験してみたくなってきました。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 久しぶりの即買い!NEWPORT BEACH

    2020.06.12

    久しぶりの即買い!NEWPORT BEACH

    久しぶりに迷わずパターを買いました(使う予定もないのに...)。今回購入したのは …

    久しぶりの即買い!NEWPORT BEACH
  2. 障害物を置いて練習

    2019.01.25

    障害物を置いて練習

    自分がどんな軌道でストロークをしているのか?パッティングストローク分析をするとそれが手に取る…

    障害物を置いて練習
  3. インパクトはアドレスの再現

    2018.12.17

    インパクトはアドレスの再現

    ショットではアドレスの位置に戻ってくるよりは若干ハンドファースト気味になるので、厳密にはインパクトが…

    インパクトはアドレスの再現
  4. 左脇がゆるいのはダメ

    2020.01.7

    左脇がゆるいのはダメ

    ストローク分析に来られる方によくみられる悪い動きに、左脇のゆるみがあります。ボールをイン…

    左脇がゆるいのはダメ
  5. アドレス時のライ角の見え方

    2020.07.1

    アドレス時のライ角の見え方

    パターをアドレスした時に見えている景色の感じ方は人によって異なります。トウが浮かないように…

    アドレス時のライ角の見え方
  6. マレット型が合うタイプ

    2018.12.27

    マレット型が合うタイプ

    今回はちょっと違うアプローチでマレット型が合う人はどんな人なのか考えてみました。マレット型と…

    マレット型が合うタイプ
  7. グリップエンドの向き

    2020.06.8

    グリップエンドの向き

    パターのグリップを自分でいれる方が結構いらっしゃいますが、グリップを真っ直ぐ入れるってかなり神経を…

    グリップエンドの向き
  8. スタンスの向きを変えて軌道を修正

    2019.09.3

    スタンスの向きを変えて軌道を修正

    一般的にオープンスタンスの人はアウトサイドイン、クローズドスタンスの人はインサイドアウトの軌道にな…

    スタンスの向きを変えて軌道を修正
  9. ボールをフェースに乗せて運ぶ その1

    2019.01.7

    ボールをフェースに乗せて運ぶ その1

    パッティングで良い当たりをした時の感触をこんな風に表現することがあります。適正なロフトで適正…

    ボールをフェースに乗せて運ぶ その1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP