これもストローク分析にいらしたお客さんによくお聞きすることの一つに関係した話題です。

ミスパットしたあとのパッティングで、前のミスをしないようにということを考えますか?という話です。

もちろんミスに関してはどういうメカニズムでそのミスが出たのか?あるいは入らなかったということだけで、打ち方に誤りはなかったのかということも考えなければなりません。

ラインの読みが悪かったということも考えられますね。そう、ミスには色々な種類があるんです。

私もそうですがそれがわかっていても、右に外してミスをした時は次は右に行かないように…って考えちゃいます。そうすると今度は反対のミスになったりします。

Dave Stockton の「無意識のパッティング」でも書かれている内容を紹介すると…
「大切なのは3パットの原因を理解し、3パットの危険をできるだけ小さくして、もし3パットしてしまった時には、すぐに忘れること」

ここでは3パットの話をしていますが、これはミスパットに置き換えても同じことです。

ゴルフは記憶の部分がプレーに大きく影響を与えます。悪いイメージはすぐに忘れて良いイメージを残す…これができれば上達(スコアアップ)も早いかもしれません。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 万人向けの練習グッズはありませんが…

    2018.07.13

    万人向けの練習グッズはありませんが…

    世の中にはたくさんの練習グッズがあり、それぞれ開発者の意図する使い方があります。ですがそれをきちんと…

    万人向けの練習グッズはありませんが…
  2. ボール位置を確認する上での注意点

    2018.10.11

    ボール位置を確認する上での注意点

    自分がボールをどこに置いているかチェックするときに大事なことをお話します。ショットでのボール…

    ボール位置を確認する上での注意点
  3. ストローク軌道を修正する意外に簡単な方法

    2018.10.16

    ストローク軌道を修正する意外に簡単な方法

    私の場合ストローク軌道が悪い状態になるとインに引きすぎてしまいます。インに引いて主に起こるのはプッシ…

    ストローク軌道を修正する意外に簡単な方法
  4. パター用シャフト色々

    2018.07.19

    パター用シャフト色々

    今把握している比較的簡単に手に入るパター用のシャフトを特長を交えて紹介します。●島田…

    パター用シャフト色々
  5. 重いヘッドがもてはやされていますが…

    2019.08.30

    重いヘッドがもてはやされていますが…

    最近はヘッド重量が重いパターが多いですよね。中には PING のように重いヘッドにもしても…

    重いヘッドがもてはやされていますが…
  6. 自宅でのパター練習で気をつけること

    2018.09.4

    自宅でのパター練習で気をつけること

    自宅でパター練習をしているという方は結構いらっしゃいますが、どんな練習をしているか聞いてみると、意外…

    自宅でのパター練習で気をつけること
  7. プロでもある意識し過ぎ

    2018.10.29

    プロでもある意識し過ぎ

    先日スタジオに来たプロのパッティングストロークの分析をしながら色々なことがわかりました。まず…

    プロでもある意識し過ぎ
  8. どっちに曲がるかわからない

    2018.11.15

    どっちに曲がるかわからない

    パッティングのラインを読むときに見る方向でラインが変わることって結構ありますよね。私の場合グ…

    どっちに曲がるかわからない
  9. ショートパットを左に外しやすい

    2019.03.22

    ショートパットを左に外しやすい

    ショートパットを左に外す人は結構多いです。そのミスのよくある原因をお話しします。思い当たる…

    ショートパットを左に外しやすい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP