今日は再び戻って CAPTO での実験シリーズです。

日頃からグリップはゆるゆるはダメでしっかり握ったほうが良いと言っていますが、今回はしっかり握った時とゆるゆるに握った時の違いをみてみました。

今回は CAPTO の計測項目の一つの「Handling」に注目してみました。このパラメータはストローク中の微妙なフェースやシャフトの動きを数値化したものです。

上の画像二つはこの「Hasndling」データの評価のサマリーです。上がしっかり握った時、下がゆるく握った時の評価です。

Persistency は粘り強さと言う意味ですが、ここではあまりいい意味では使われていないですね。グリップが粘ってしまってはストロークが安定しないので数値は小さい方がいいです。

しっかり握れば19%、ゆるゆるだと49%になってしまっています。そしてその下の Severity は直訳すると重症度で、これも小さい方が評価がいいです。しっかり握れば1%と低い値になりますが、ゆるゆるだと14%と大きい数値になってしまいます。

しっかり握った時のフェースとシャフトの動きのグラフはこんな感じです。

次はゆるゆるに握った時のグラフです。

グラフを見てわかると思いますが、ゆるゆるで握った時のフェースの動きは茶色っぽい色のラインなのですが、この動きが細かく上下していて、たまに黄色マークがついてしまっています。

一方しっかり握った時のフェースの動きはなだらかでかつ、黄色のポイントは2しかありません。この黄色のポイントはフェースの動きが大きかった部分になるので、これが少ないほど良い動きということになります。

  • コメント: 0

関連記事

  1. シャフトを重くすると… その2

    2018.11.1

    シャフトを重くすると… その2

    重いシャフトは軽いシャフトよりも硬くなる場合がほとんどです。硬くなるとヘッドの硬さの感じ方も変わって…

    シャフトを重くすると… その2
  2. 打点の意識と縦の軌道

    2018.11.19

    打点の意識と縦の軌道

    少し前にボールの横に電池を置いて、フェースの下の方で打つ感覚を養う練習について話しました。そ…

    打点の意識と縦の軌道
  3. どうして体が浮くのか?

    2019.12.10

    どうして体が浮くのか?

    昨日お話しした体が浮く問題についてもう少し考えてみました。どうして体が浮くんですかね?精神…

    どうして体が浮くのか?
  4. アドレスで脇をしめる感じ

    2019.07.9

    アドレスで脇をしめる感じ

    アドレスした時の脇の感じはどんなイメージでやっているでしょう?皆さんに言うのは脇はしまって…

    アドレスで脇をしめる感じ
  5. 変わったパターを使う時の注意

    2018.06.28

    変わったパターを使う時の注意

    世の中には色々なコンセプトのパターが存在します。Edel トルクバランスパター、ODYSSE…

    変わったパターを使う時の注意
  6. 自分のスタイルを変えたくない

    2020.05.20

    自分のスタイルを変えたくない

    パッティングに関する相談を受けたときに、ほとんどの方は今の打ち方を変えても良いと言っていらっしゃい…

    自分のスタイルを変えたくない
  7. ラウンド前のパター練習

    2018.11.14

    ラウンド前のパター練習

    みなさんラウンド前にショットの練習はしなくてもパットの練習はしている方が多いと思います。今日は私がど…

    ラウンド前のパター練習
  8. 手首を使わないために

    2018.12.19

    手首を使わないために

    ストローク中に手首を使わないためにどうしたらいいか?そんなことを結構聞かれることがあります。…

    手首を使わないために
  9. 近くのスパットか?打っていく方向か?

    2018.08.29

    近くのスパットか?打っていく方向か?

    人によってターゲット方向のイメージの仕方は異なります。表題のように近くのスパットに対してフェ…

    近くのスパットか?打っていく方向か?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP