先日久しぶりに Scottsdale Anser を振ってみたんですが、なんだかやりやすいんですよね。

世の中重いヘッドのバランスの出たパターが安定するとか、ボールが転がるなどといわれていますが、これもやはり打ち手の打ち方によるところが大きいです。

振り子式で打つ人にとってはボールに力を加えるのはヘッドの動きだけになりますので、重い方がボールは飛んでいってくれることになります。

ただ軽いヘッドで小さい振り幅だとボールは飛んでいってくれません。

ということでしっかりインパクトを作って打ちたい人は軽めのヘッドでしっかり打って、インパクトはストロークの途中にあるというイメージでやっている人であれば重いヘッドの方が楽に打てます。

ですのである程度インパクトをしてストロークしたい自分にとっては軽いヘッドの方がコントロールできるということなんだと思います。

34インチでも340gあったら十分な感じです。思い当たる節のある方はやってみてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 「無意識のパッティング」 その3

    2020.04.15

    「無意識のパッティング」 その3

    今日も無意識のパッティングの話です。こんな言葉がありました。「メカニズムについて考えなが…

    「無意識のパッティング」 その3
  2. ヘッド形状が変わっても変わらないストローク

    2019.11.14

    ヘッド形状が変わっても変わらないストローク

    パターのヘッド形状は色々ありますが、その違いを表すスペックは重心角です。一般的に重心角が大…

    ヘッド形状が変わっても変わらないストローク
  3. 理想の打ち方がその人に合うとは限らない

    2019.09.2

    理想の打ち方がその人に合うとは限らない

    「理想の打ち方」について最近よく考えています。ですが答えは一つではないことにいつも気づかさ…

    理想の打ち方がその人に合うとは限らない
  4. パターのスペック確認をしましょう

    2018.08.20

    パターのスペック確認をしましょう

    以前お話ししましたが、市販パターは同じモデルでも構えやすいもの、構えにくいものがあります。その構えに…

    パターのスペック確認をしましょう
  5. サイトライン無しのパターは貴重

    2019.09.5

    サイトライン無しのパターは貴重

    最近はピン型のヘッドでサイトラインが無いモデルを作っているメーカーが少なくなりました。世の…

    サイトライン無しのパターは貴重
  6. ちょっと足の位置を変えるだけで

    2020.02.4

    ちょっと足の位置を変えるだけで

    先日ストローク分析をした方で、すごく簡単なことで色々な部分が改善できた人がいました。それ…

    ちょっと足の位置を変えるだけで
  7. テークバックが小さいのはダメです

    2019.11.21

    テークバックが小さいのはダメです

    最近立て続けにテークバックを小さくしているという方がいらっしゃいました。以前も言いましたが…

    テークバックが小さいのはダメです
  8. 速いグリーンでショートする

    2019.06.18

    速いグリーンでショートする

    普段やらないスピードのグリーンでプレーすると、距離感が崩されますよね。最初のパッティングの…

    速いグリーンでショートする
  9. 修正が難しいパターンに遭遇

    2019.09.4

    修正が難しいパターンに遭遇

    先日ストローク分析に来ていただいた方で、その方がしたいと思うストロークにするためのイメージづくりが…

    修正が難しいパターンに遭遇

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP