手打ちにならないために意識するところを色々考えているのですが、表題のイメージが意外とわかりやすい表現かと思っています。

先日いらしたお客様にもこのイメージで伝えたところ良い感じで体で打てるようになりました。

このイメージに加えて手を使わなければ完璧です。

以前から言っている腹圧を上げるというのは、昔の言い方で言うと「丹田(たんでん)」に力を入れて、息を詰まらせない(しゃべれる)状態のことです。

また右膝をロックは右の膝がテークバックで引けたり、フォローで前に出たりしないようにすることです。とにかく最初から最後まで同じ位置に膝があるようにというイメージです。

簡単に意識して結構大きい効果が得られるやり方ですので是非やってみてください。

不思議なことにこの意識でできると、軌道も自然にインサイドインにできるようになる方が多いです。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 再現性を上げるには?

    2020.02.5

    再現性を上げるには?

    パッティングストローク分析で重要視している項目は再現性(Consistency)です。こ…

    再現性を上げるには?
  2. 意識しすぎてやりすぎは注意

    2019.02.15

    意識しすぎてやりすぎは注意

    以前も書いたことがあるかもしれませんが、何度も注意したい内容なのでまたと思うかもしれませんが書いて…

    意識しすぎてやりすぎは注意
  3. 直さなくてもいい事もある

    2020.03.3

    直さなくてもいい事もある

    ストローク分析をしていて、ここは修正した方が良いと思う点と、ここはそのままでいいと思う点がありま…

    直さなくてもいい事もある
  4. パッティングは引きずらないこと

    2019.04.2

    パッティングは引きずらないこと

    パターがうまくいかない人の多くは一度のミスを次のパットに引きずってしまっています。普段通り…

    パッティングは引きずらないこと
  5. フォローを必要以上に出さないために その1

    2020.01.22

    フォローを必要以上に出さないために その1

    先日パッティングストロークの分析をしていて小さいテークバックから、かなり大きなフォローを出す人が…

    フォローを必要以上に出さないために その1
  6. オフセンターヒットで起こること

    2020.01.29

    オフセンターヒットで起こること

    オフセンターヒットで起こっていることを考えてみました。私の場合真ん中よりもトウ寄りで打つ…

    オフセンターヒットで起こること
  7. やっぱり引っかかる

    2019.09.18

    やっぱり引っかかる

    先日久しぶりに Scotty Cameron の 009 を使って感じたことがあります。し…

    やっぱり引っかかる
  8. 高麗グリーンで気をつけていること

    2019.08.13

    高麗グリーンで気をつけていること

    最近はあまり見かけなくなりましたが、古いコースだと高麗グリーンがメイングリーンと言うところも結構あ…

    高麗グリーンで気をつけていること
  9. 普通のパットとショートパットの打ち方

    2019.01.10

    普通のパットとショートパットの打ち方

    私の場合ですが、普通のパットの打ち方と、絶対に入れたいパットの打ち方は違う打ち方です。打つ時の意識だ…

    普通のパットとショートパットの打ち方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP