ストローク分析をしていると、素振りは綺麗に振れるのにいざボールを打つとなるとすっかり変わってしまう方が結構います。

そういう方は何が起きているかというと、「打つ」という動作を始めるために色々気をつけることが意識の中にたくさんある状況になっています。

テークバックをどこに上げようとか、パターの芯で打とうとか、フェースが開かないようにしようとか…色々考えることは出てきます。

それらを同時にやろうとすると本当に動かなくなってしまいます。

ですので、ストロークの動きは手で制御するのではなく、体で制御できると手は何もしなくていいので体を動かし始める初動がうまくいけばストロークは何も考えなくてもできやすくなります。

色々な制御を手の動きに頼っている方はそれらの制御を体主導でやることで、色々考えなくてできるようになります。

それは腹筋に力を入れて、腕は肘の角度、手首の角度を変えずに、グリップを握る力以外強い力を入れない状態で動けることで体主導のストロークが実現します。

なかなか言葉で表現するのは難しいところなので、是非ストローク分析にいらしてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 過去のストロークを引きずったストローク

    2018.12.20

    過去のストロークを引きずったストローク

    ショットでも同じなのですが、直前のミスの記憶が次のショットやパットに影響を与えることがあります。…

    過去のストロークを引きずったストローク
  2. 打点の意識と縦の軌道

    2018.11.19

    打点の意識と縦の軌道

    少し前にボールの横に電池を置いて、フェースの下の方で打つ感覚を養う練習について話しました。そ…

    打点の意識と縦の軌道
  3. フォローを必要以上に出さないために その2

    2020.01.23

    フォローを必要以上に出さないために その2

    今回も昨日に続いてフォローを必要以上に出さないための方法を...。今日のやり方の方が効き目がある…

    フォローを必要以上に出さないために その2
  4. パターグリップをどう選ぶか?

    2018.06.22

    パターグリップをどう選ぶか?

    みなさんどうやってグリップを選んでいますか?今回はグリップを選ぶ際の注意点についてお話ししたいと思い…

    パターグリップをどう選ぶか?
  5. パターが変わったときに気を付けること

    2018.10.5

    パターが変わったときに気を付けること

    先日久しぶりにエースパターではないパターを使ってみたのですが、距離感が合わず苦労しました。ヘ…

    パターが変わったときに気を付けること
  6. インサイドに引きすぎると…

    2019.02.4

    インサイドに引きすぎると…

    パターヘッドの軌道はインサイドインが良いという話を聞いたりして、わざわざその動きを自分でしようとし…

    インサイドに引きすぎると…
  7. 下半身を動かさない意識

    2018.10.17

    下半身を動かさない意識

    パッティングストロークをするときに、下半身を絶対に動かさない意識で打とうと思うと、自然にショルダース…

    下半身を動かさない意識
  8. 下半身を動かさない

    2019.08.23

    下半身を動かさない

    ストローク軌道を再現性高くする際に意識したいのが下半身を動かさない意識です。簡単そうに思い…

    下半身を動かさない
  9. パターヘッドの重量・バランスを考える 2/2

    2018.06.13

    パターヘッドの重量・バランスを考える 2/2

    昨日予告した実験をしました。下の表が結果の生データです。表の中の10の位が1はBバラ…

    パターヘッドの重量・バランスを考える 2/2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP