先日パッティングストロークの分析をしていて小さいテークバックから、かなり大きなフォローを出す人がいました。

この「小さいテークバックでボールをフォローで飛ばす」という考え方は以前から言っていますが賛同できません。

テークバックを小さくするのは簡単ですが、フォローを大きく出すにはあるところの動きの制限を外す必要があります。

今日はその一つ目、左肘の動きです。

先日のフォローを大きく出す人はテークバックの幅の4倍近くも出していました。その人の動きを観察してみると左肘がフォローでがら空きになります。

ショルダーストロークは基本両脇を締めた状態でするものなので、この左肘(左脇)が空いてしまうのはローテーションが入れられなくなり、ボールが右に行きやすくなってしまいます。

今回の方はこの右に行きやすくなる動きを修正するために、もう一か所も動いてしまっていました。

というわけで、左脇が体から離れないように意識することでフォローは自然に適度なものになってきました。

もう一か所の悪い動きに関してはまた明日…

  • コメント: 0

関連記事

  1. 距離感を狂わす要因

    2019.05.29

    距離感を狂わす要因

    パッティングで距離感が合わなくなる要因はかなりたくさんあります。一番多いのは前に打った人が…

    距離感を狂わす要因
  2. フェースの素材とボール

    2019.02.25

    フェースの素材とボール

    ボールの種類によってドライバーのつかまりが変わったりしますが、パターのフェース面の素材と、ボールに…

    フェースの素材とボール
  3. ストローク中にフェースの向きをどこで意識するか?

    2020.03.24

    ストローク中にフェースの向きをどこで意識するか?

    ストローク中にフェースの向きをどう意識したらいいかという話によくなります。それは右手の手…

    ストローク中にフェースの向きをどこで意識するか?
  4. 障害物を置いて練習

    2019.01.25

    障害物を置いて練習

    自分がどんな軌道でストロークをしているのか?パッティングストローク分析をするとそれが手に取る…

    障害物を置いて練習
  5. 綺麗なストロークが入るわけではない

    2019.07.11

    綺麗なストロークが入るわけではない

    パッティングストロークン分析をしてみると、ほとんどの方が自分の理想とはかけ離れていてがっかりしてい…

    綺麗なストロークが入るわけではない
  6. パター用シャフト色々

    2018.07.19

    パター用シャフト色々

    今把握している比較的簡単に手に入るパター用のシャフトを特長を交えて紹介します。●島田…

    パター用シャフト色々
  7. グリップがゆるゆるな人が多過ぎ…

    2019.12.17

    グリップがゆるゆるな人が多過ぎ…

    いつからこんなに増えてきたのでしょうか?来る人来る人グリッププレッシャーが弱いです。それで…

    グリップがゆるゆるな人が多過ぎ…
  8. STABILITY Shaft 実験2

    2019.06.14

    STABILITY Shaft 実験2

    今エースで使用している HILLCREST TRUECoG CUPRUM は良い感じで使えているの…

    STABILITY Shaft 実験2
  9. ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ1

    2018.07.27

    ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ1

    ショルダーストロークを正しく理解できている人がどれだけいるでしょうか?もちろん自分もつい最近まで理解…

    ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP