先日ストローク分析にいらした方が結構な確率で引っ掛けが出ていました。

7回ストロークしたうちの6回が左カップぎりぎりの方向に飛んでいました。

その理由は打つ時に早く体が起き上がり右膝が出てしまうので、肩のラインまで打ち終わった後に左に向いてしまいます。

そしてその方の左足(前足)の開き具合を見てみるとかなり開いてアドレスしていました。私もショットの時に左足がかなり開くタイプなのですが、これは左に回りたいのでしているつもりです。

ですがそれが原因でカット軌道になっているという考え方もできます。ということでアドレスの時に少しクローズになってみることをトライしてもらいました。

その結果体の開きが抑えられて左に引っ掛けるミスが激減しました。

こうやってアドレスのちょっとした部分を変えるだけで大きく変えることができます。みなさんもスタンスの足の向きをチェックしてみてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 予期せぬ事が起きても…

    2019.11.13

    予期せぬ事が起きても…

    先日のラウンドで数年ぶりに36パット以上打ちました(21-17の38パット)。グリーンのス…

    予期せぬ事が起きても…
  2. 自分の基準になるストロークを作る

    2019.04.17

    自分の基準になるストロークを作る

    よくその日のグリーンのスピードをどう考えるんですか?と聞かれることがあります。そんな時にお…

    自分の基準になるストロークを作る
  3. 知らないだけっていう人が多い

    2020.09.14

    知らないだけっていう人が多い

    パッティングの理想の動きはショルダーストロークだと考えています。脇から先はストローク中動か…

    知らないだけっていう人が多い
  4. なぜショートパットを外すのか?

    2018.06.29

    なぜショートパットを外すのか?

    これは永遠のテーマな感じがします。しばらく外さないでいると徐々に自信も出てきて、良いストロー…

    なぜショートパットを外すのか?
  5. パターのスペック確認をしましょう

    2018.08.20

    パターのスペック確認をしましょう

    以前お話ししましたが、市販パターは同じモデルでも構えやすいもの、構えにくいものがあります。その構えに…

    パターのスペック確認をしましょう
  6. ミーリングが深いパターが少なくなった

    2019.07.3

    ミーリングが深いパターが少なくなった

    最近ミーリングが深いパターを見かけなくなりました。これには理由があると考えています。どんな…

    ミーリングが深いパターが少なくなった
  7. ストローク中に止める場所

    2019.12.11

    ストローク中に止める場所

    最近体がぶれないためにどこを動かさない意識でやるのが良いか色々考えています。ただ止めてしま…

    ストローク中に止める場所
  8. やっぱり引っかかる

    2019.09.18

    やっぱり引っかかる

    先日久しぶりに Scotty Cameron の 009 を使って感じたことがあります。し…

    やっぱり引っかかる
  9. フェースローテーションはするものではありません 2/2

    2018.07.18

    フェースローテーションはするものではありません 2/2

    先日はフェースバランスだからローテーションが少なくなって、L字タイプだからローテーションが多くなるの…

    フェースローテーションはするものではありません 2/2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP