先日ストローク分析にいらした方が結構な確率で引っ掛けが出ていました。

7回ストロークしたうちの6回が左カップぎりぎりの方向に飛んでいました。

その理由は打つ時に早く体が起き上がり右膝が出てしまうので、肩のラインまで打ち終わった後に左に向いてしまいます。

そしてその方の左足(前足)の開き具合を見てみるとかなり開いてアドレスしていました。私もショットの時に左足がかなり開くタイプなのですが、これは左に回りたいのでしているつもりです。

ですがそれが原因でカット軌道になっているという考え方もできます。ということでアドレスの時に少しクローズになってみることをトライしてもらいました。

その結果体の開きが抑えられて左に引っ掛けるミスが激減しました。

こうやってアドレスのちょっとした部分を変えるだけで大きく変えることができます。みなさんもスタンスの足の向きをチェックしてみてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. カップを見ながら打ってみる

    2019.01.11

    カップを見ながら打ってみる

    距離感が合わないという話をよく聞きますが、距離感を練習で養うのはなかなか難しいです。そんな人…

    カップを見ながら打ってみる
  2. アドレスの手の位置とパターのすわり

    2018.10.9

    アドレスの手の位置とパターのすわり

    パッティングにおけるヘッドを置く位置と、手の位置の関係は本当に人それぞれになります。例えばハ…

    アドレスの手の位置とパターのすわり
  3. 軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果4

    2019.05.21

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果4

    一日空いてしまいましたが、今日も実験の考察です。今回はフェースローテーションに注目してみま…

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果4
  4. パッティングに関する色々な分布 1 Consistency

    2018.09.14

    パッティングに関する色々な分布 1 Consistency

    今日は パッティングストローク分析を受けてくれた方のデータを紹介します(数年前のデータですが...)…

    パッティングに関する色々な分布 1 Consistency
  5. CUPRUM w/UST Mamiya FF でラウンド

    2019.09.25

    CUPRUM w/UST Mamiya FF でラウンド

    TRUECoG CUPRUM に UST Mamiya FF Shaft を入れてラウンドしてきま…

    CUPRUM w/UST Mamiya FF でラウンド
  6. フォローを真っ直ぐに出す?

    2019.03.14

    フォローを真っ直ぐに出す?

    フォローを出していくイメージをヘッドを真っ直ぐに出すイメージという方が結構いらっしゃいます。…

    フォローを真っ直ぐに出す?
  7. アドレスの時の顎の位置を考える

    2019.08.6

    アドレスの時の顎の位置を考える

    パッティングのアドレスの時の体重のかけ方については何回かに分けてお話ししましたが、今日は顎の位置に…

    アドレスの時の顎の位置を考える
  8. 今年も一年ありがとうございました

    2018.12.28

    今年も一年ありがとうございました

    2018年の更新は今日で最後となります。今日はご挨拶のみとなります。パターやパッティングに関…

    今年も一年ありがとうございました
  9. パッティングで重要視すべきこと

    2020.06.5

    パッティングで重要視すべきこと

    先日いらしていただいた方に話した内容です。大事な話ですので是非最後までご覧ください。パッテ…

    パッティングで重要視すべきこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP