このお題は何回かやっていますが、これにはなかなか明確な答えがありません。

ラウンド中30回以上打つ場合がほとんどなので、これで打っていたらかっこいいとか、その気になれるパターを使うのが良いと思います。

ですが、みなさんストロークをしてみると色々な動きをします。打っていただく前に大体どんなイメージで打っているのかを聞きますが、イメージ通りできている人は感覚的には20%くらいな気がします。

ですので、どうやって打っているかよりもどうやって打とうとしているかの方がパター選びには重要な気がします。

フェースローテーションをしないで真っ直ぐに引いて真っ直ぐに出す打ち方をしたいという人が、L字のパターを使っていたりしたらこれは少し違和感があります。

L字のパターはローテーションが入りやすい性質があるので、それを抑えながらしないとそのストロークにはなりません。

でもそれではいけないということではなく、本当はパターヘッドがこう動こうとしているのに、それを抑えながら打たないといけないということを意識しながらストロークしなければならないということを知ることです。

ローテーションを使わないとボールを飛ばすのが難しいL字パターでローテーションを使わないなら、ヘッドを重くするかインパクトを強くするか、振り幅を大きくする以外に飛ばす方法はありません。

このどれかができていればL字で真っ直ぐ引いて真っ直ぐに出してもボールは転がってくれるということです。

こういうことを知るためにはパターの性質を知り、自分のストロークがどんなものなのか知っておくことが重要です。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ボールの位置を少し変えるだけで

    2019.10.18

    ボールの位置を少し変えるだけで

    先日のストローク分析での話。フェースは右向きなので、ストローク軌道はアウトサイドインになっ…

    ボールの位置を少し変えるだけで
  2. 真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    2019.07.22

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    よく自分のストロークをこう表現する方がいらっしゃいます。イメージとしてはフェースの向きが変…

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?
  3. Tiger Woods のパターがサイトドットの理由

    2018.06.14

    Tiger Woods のパターがサイトドットの理由

    この話も直接 Scotty Cameron 氏からお聞きした話です。Tiger Woods …

    Tiger Woods のパターがサイトドットの理由
  4. パターは嗜好品なので

    2019.09.19

    パターは嗜好品なので

    ラウンド中一番使う回数が多いパターは持っていてやる気が出るとか、その気になれるパターを使いたいです…

    パターは嗜好品なので
  5. 太くて軽いグリップに注意

    2019.10.11

    太くて軽いグリップに注意

    最近太いのに重量が軽いパター用グリップが流行っていますね。SuperStroke はその代…

    太くて軽いグリップに注意
  6. カップを見ながら打ってみる

    2019.01.11

    カップを見ながら打ってみる

    距離感が合わないという話をよく聞きますが、距離感を練習で養うのはなかなか難しいです。そんな人…

    カップを見ながら打ってみる
  7. 下半身を動かさない意識

    2018.10.17

    下半身を動かさない意識

    パッティングストロークをするときに、下半身を絶対に動かさない意識で打とうと思うと、自然にショルダース…

    下半身を動かさない意識
  8. グリップが真っ直ぐに入っているか?

    2018.10.22

    グリップが真っ直ぐに入っているか?

    ストローク分析にいらした方のグリップを見てみると結構色々です。アドレスでどうしてもまっすぐに…

    グリップが真っ直ぐに入っているか?
  9. 実験用のシャフトは ATTAS Spinwedge

    2019.04.3

    実験用のシャフトは ATTAS Spinwedge

    「軽いシャフト」に「重いヘッド」と「重いグリップ」の実験で使うシャフトが決まりました。US…

    実験用のシャフトは ATTAS Spinwedge

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP