このお題は何回かやっていますが、これにはなかなか明確な答えがありません。

ラウンド中30回以上打つ場合がほとんどなので、これで打っていたらかっこいいとか、その気になれるパターを使うのが良いと思います。

ですが、みなさんストロークをしてみると色々な動きをします。打っていただく前に大体どんなイメージで打っているのかを聞きますが、イメージ通りできている人は感覚的には20%くらいな気がします。

ですので、どうやって打っているかよりもどうやって打とうとしているかの方がパター選びには重要な気がします。

フェースローテーションをしないで真っ直ぐに引いて真っ直ぐに出す打ち方をしたいという人が、L字のパターを使っていたりしたらこれは少し違和感があります。

L字のパターはローテーションが入りやすい性質があるので、それを抑えながらしないとそのストロークにはなりません。

でもそれではいけないということではなく、本当はパターヘッドがこう動こうとしているのに、それを抑えながら打たないといけないということを意識しながらストロークしなければならないということを知ることです。

ローテーションを使わないとボールを飛ばすのが難しいL字パターでローテーションを使わないなら、ヘッドを重くするかインパクトを強くするか、振り幅を大きくする以外に飛ばす方法はありません。

このどれかができていればL字で真っ直ぐ引いて真っ直ぐに出してもボールは転がってくれるということです。

こういうことを知るためにはパターの性質を知り、自分のストロークがどんなものなのか知っておくことが重要です。

  • コメント: 0

関連記事

  1. その動きを直すべきなのか?

    2020.11.9

    その動きを直すべきなのか?

    スクールで教わることはもちろんいいことなのですが、ゴルフをやっていくと自分に合った動きがなんとなく…

    その動きを直すべきなのか?
  2. 自信を無くすことが一番ダメ

    2020.02.6

    自信を無くすことが一番ダメ

    人それぞれ性格があるので、ダメって言われてもしょうがない部分はあると思いますが、血液型「O型」の…

    自信を無くすことが一番ダメ
  3. 右サイドを動かさない意識

    2018.08.23

    右サイドを動かさない意識

    パッティングに限らず右サイドを動かさない意識を常に持っています。特にパッティングでは右サイド…

    右サイドを動かさない意識
  4. なんか構えにくい…の原因は

    2020.02.21

    なんか構えにくい…の原因は

    こっちのパターは構えやすいのにこっちのパターは同じ形なのに構えにくい...という相談をよく受けま…

    なんか構えにくい…の原因は
  5. 打ちたい方向に構えているか?

    2020.07.17

    打ちたい方向に構えているか?

    ターゲットに向けてフェースの向きを決めたときにそこに向けられているかはそれほど重要ではないと思って…

    打ちたい方向に構えているか?
  6. パッティングには自分に合ったストロークがある

    2019.07.18

    パッティングには自分に合ったストロークがある

    ショットと違い大きな力を入れる必要が無いパッティング。カップまで転がす方法はかなりたくさん…

    パッティングには自分に合ったストロークがある
  7. ショルダーストロークができれば

    2020.08.26

    ショルダーストロークができれば

    パッティングストロークの軌道はこのショルダーストロークができていると自然にインサイドインの軌道にな…

    ショルダーストロークができれば
  8. グリーン上のマナー 2 旗竿の置き方、置き場所

    2018.08.8

    グリーン上のマナー 2 旗竿の置き方、置き場所

    旗竿をどこに置くか?結構考えることがあります。キャディさんがいれば持ってくれるので考える必要はありま…

    グリーン上のマナー 2 旗竿の置き方、置き場所
  9. アドレスでフェースが真っ直ぐ向かない

    2019.07.17

    アドレスでフェースが真っ直ぐ向かない

    アドレスで真っ直ぐに構えられない(フェースを向けられない)人が結構います。そこだけを部分的…

    アドレスでフェースが真っ直ぐ向かない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP