このお題は何回かやっていますが、これにはなかなか明確な答えがありません。

ラウンド中30回以上打つ場合がほとんどなので、これで打っていたらかっこいいとか、その気になれるパターを使うのが良いと思います。

ですが、みなさんストロークをしてみると色々な動きをします。打っていただく前に大体どんなイメージで打っているのかを聞きますが、イメージ通りできている人は感覚的には20%くらいな気がします。

ですので、どうやって打っているかよりもどうやって打とうとしているかの方がパター選びには重要な気がします。

フェースローテーションをしないで真っ直ぐに引いて真っ直ぐに出す打ち方をしたいという人が、L字のパターを使っていたりしたらこれは少し違和感があります。

L字のパターはローテーションが入りやすい性質があるので、それを抑えながらしないとそのストロークにはなりません。

でもそれではいけないということではなく、本当はパターヘッドがこう動こうとしているのに、それを抑えながら打たないといけないということを意識しながらストロークしなければならないということを知ることです。

ローテーションを使わないとボールを飛ばすのが難しいL字パターでローテーションを使わないなら、ヘッドを重くするかインパクトを強くするか、振り幅を大きくする以外に飛ばす方法はありません。

このどれかができていればL字で真っ直ぐ引いて真っ直ぐに出してもボールは転がってくれるということです。

こういうことを知るためにはパターの性質を知り、自分のストロークがどんなものなのか知っておくことが重要です。

  • コメント: 0

関連記事

  1. パターのライ角について

    2019.10.7

    パターのライ角について

    これまで色々なパターのライ角を計測してきたのですが、カタログ値と違うことがあります。これは…

    パターのライ角について
  2. 打点の意識と縦の軌道

    2018.11.19

    打点の意識と縦の軌道

    少し前にボールの横に電池を置いて、フェースの下の方で打つ感覚を養う練習について話しました。そ…

    打点の意識と縦の軌道
  3. フェースローテーションはするものではありません 1/2

    2018.07.17

    フェースローテーションはするものではありません 1/2

    パッティングストロークの分析をしに来ていたいた時に皆さんに聞くことがあります。最初にフリーで…

    フェースローテーションはするものではありません 1/2
  4. フェース向きのコントロールの練習 3

    2018.08.10

    フェース向きのコントロールの練習 3

    ちょっと間が空いてしまいましたが、フェース向きのコントロールの練習の難しいバージョンを紹介します。…

    フェース向きのコントロールの練習 3
  5. フォローの動きの意識

    2019.07.16

    フォローの動きの意識

    昨日はテークバックで左脇が縮む意識すると良いという話をしました。今日はフォロースルーでの動…

    フォローの動きの意識
  6. 芝目を意識する

    2019.05.13

    芝目を意識する

    芝目があるゴルフ場で常にやっている方はそれほど違和感がなくなっているのだと思いますが、普段普通のグ…

    芝目を意識する
  7. 下半身を動かさない意識

    2019.04.19

    下半身を動かさない意識

    パッティングストローク分析をしていると、下半身(特に後ろ足の膝)が動く人がかなりいます。膝…

    下半身を動かさない意識
  8. いつも通り打つ

    2019.10.1

    いつも通り打つ

    この「いつも通り」というのがゴルフでは結構難しいことです。いつも通りできないと言うことは、…

    いつも通り打つ
  9. エースパターってどんなパター?

    2019.04.25

    エースパターってどんなパター?

    エースパターを作っている人は少なくないと思います。パターは他のクラブと違って数本持っている方が結構…

    エースパターってどんなパター?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP