このお題は何回かやっていますが、これにはなかなか明確な答えがありません。

ラウンド中30回以上打つ場合がほとんどなので、これで打っていたらかっこいいとか、その気になれるパターを使うのが良いと思います。

ですが、みなさんストロークをしてみると色々な動きをします。打っていただく前に大体どんなイメージで打っているのかを聞きますが、イメージ通りできている人は感覚的には20%くらいな気がします。

ですので、どうやって打っているかよりもどうやって打とうとしているかの方がパター選びには重要な気がします。

フェースローテーションをしないで真っ直ぐに引いて真っ直ぐに出す打ち方をしたいという人が、L字のパターを使っていたりしたらこれは少し違和感があります。

L字のパターはローテーションが入りやすい性質があるので、それを抑えながらしないとそのストロークにはなりません。

でもそれではいけないということではなく、本当はパターヘッドがこう動こうとしているのに、それを抑えながら打たないといけないということを意識しながらストロークしなければならないということを知ることです。

ローテーションを使わないとボールを飛ばすのが難しいL字パターでローテーションを使わないなら、ヘッドを重くするかインパクトを強くするか、振り幅を大きくする以外に飛ばす方法はありません。

このどれかができていればL字で真っ直ぐ引いて真っ直ぐに出してもボールは転がってくれるということです。

こういうことを知るためにはパターの性質を知り、自分のストロークがどんなものなのか知っておくことが重要です。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ボールの赤道より上を打つ?

    2018.11.29

    ボールの赤道より上を打つ?

    最近ボールの転がりをよくするとかで、「赤道より上をフェースの下(リーディングエッジ)で打つ」なんて言…

    ボールの赤道より上を打つ?
  2. ショットの傾向がパッティングに…

    2019.12.5

    ショットの傾向がパッティングに…

    ショットで出ているミスと同じ作用機序でパッティングが出ているというのはよくある話です。パッ…

    ショットの傾向がパッティングに…
  3. 距離感が合わない原因

    2018.11.9

    距離感が合わない原因

    パッティングストロークには大きく分けて2種類のタイプがあると思っています。一つはストローク中…

    距離感が合わない原因
  4. どうやって打つか考えない?

    2019.12.19

    どうやって打つか考えない?

    ストローク分析で最初に打ちながらお話しをしているときに、どんなことを意識しながら打っているかを必ず…

    どうやって打つか考えない?
  5. ショートパットを確実に入れるために その1

    2019.11.5

    ショートパットを確実に入れるために その1

    ショートパットに悩んでいる方が結構いらっしゃいます。パッティングストローク分析ではショート…

    ショートパットを確実に入れるために その1
  6. ほんの少しのオープン/クローズで

    2018.09.26

    ほんの少しのオープン/クローズで

    パッティングストローク分析をしていてアウトサイドインになっている人は結構いらっしゃいます。それとは逆…

    ほんの少しのオープン/クローズで
  7. 修正が難しいパターンに遭遇

    2019.09.4

    修正が難しいパターンに遭遇

    先日ストローク分析に来ていただいた方で、その方がしたいと思うストロークにするためのイメージづくりが…

    修正が難しいパターンに遭遇
  8. フェース素材の違いによるロフト調整

    2018.09.25

    フェース素材の違いによるロフト調整

    パターのロフト調整をする際に考慮していることがあります。ロフトはボールをつかまえるために必要です。ボ…

    フェース素材の違いによるロフト調整
  9. 障害物を置いて練習

    2019.01.25

    障害物を置いて練習

    自分がどんな軌道でストロークをしているのか?パッティングストローク分析をするとそれが手に取る…

    障害物を置いて練習

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP