先日のラウンドで Stability Shaft を入れた HILLCREST TRUECoG SUS303 を使ってきました。

今回でこのシャフトが入ったパターでのラウンドは3ラウンド目。それらのラウンドの中で感じたことをレポートしておきます。

基本的にシャフトが変わったからと言ってストロークが変わっている感じはありません。変わるのは結果だけということになります。

まず一番メリットを感じたのは長めの距離を打つ時の方向性が良くなったと思います。やはりこれはトルクが少なくシャフトが動かないことが要因になっていると思います。

そして手に伝わってくる感触がすごく心地良い感じがします。TRUECoG SUS303 は TRUECoG CUPRUM よりも弾きを感じる感触だったのですが、この Stability Shaft にしてからはすっかりボールを運べる感覚になりました。

とにかくこのシャフトはかなり良い感じであることは間違いなさそうです。リシャフトご検討されている方は是非ご相談ください。
ご相談は 03-5829-9083 もしくは info@puttinglabo.com まで!

  • コメント: 0

関連記事

  1. ショルダーストローク=インサイドイン

    2019.09.11

    ショルダーストローク=インサイドイン

    私が理想のストロークと思っているのはショルダーストロークです。ですがいつも言っているように…

    ショルダーストローク=インサイドイン
  2. 自分のパッティングの弱点を知る

    2018.09.20

    自分のパッティングの弱点を知る

    みなさん自分がどんな状況の時にどんなミスをするか?把握できていますか?これを知っていると色々な対処方…

    自分のパッティングの弱点を知る
  3. ヘッドはどう動かす?

    2020.03.26

    ヘッドはどう動かす?

    パッティングストロークにはなるべく色々なところの動きを抑えて体で動くやり方と、ヘッドの動きを完全…

    ヘッドはどう動かす?
  4. 右足体重?左足体重?

    2019.08.5

    右足体重?左足体重?

    パッティングのアドレスの時に左に体重がかかり過ぎている方がたまにいらっしゃいます。飛球方向…

    右足体重?左足体重?
  5. 障害物を置いて練習

    2019.01.25

    障害物を置いて練習

    自分がどんな軌道でストロークをしているのか?パッティングストローク分析をするとそれが手に取る…

    障害物を置いて練習
  6. 止めながら動かす場所

    2019.12.12

    止めながら動かす場所

    昨日はパッティングストロークをする際に止めておきたい場所についてお話ししました。今回は先日…

    止めながら動かす場所
  7. パッティングでのふところ

    2018.08.17

    パッティングでのふところ

    アドレスの時にボールの距離があっていない人が結構いらっしゃいます。今回はこのボールとの距離についてお…

    パッティングでのふところ
  8. Scotty Cameron LOFT & LIE Fixture

    2019.09.10

    Scotty Cameron LOFT & LIE Fixt…

    Putting Labo. で使用しているパター専用ロフト・ライマシーンは Scotty Came…

    Scotty Cameron LOFT & LIE Fixture
  9. 細いグリップが合う人

    2018.08.31

    細いグリップが合う人

    先日は太いパターグリップが合う人について話しました。今回は逆に細いグリップが合う人の話です。…

    細いグリップが合う人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP