ストローク分析をする際に最初にフリーで打っていただいて色々観察させていただくのですが、ボールとの距離はかならず注意深く見ています。

どちらかというと遠い人が多いのですが、ボールとの距離によって色々出やすいミスが変わってきます。今日は近い場合のミスについてお話しします。

ボールが近いとテークバックの際にアウトに上がりやすくなってしまいます。アウトに上がればカット軌道になり、フェースがまっすぐに向いていれば左に引っ掛けることになります。

左に引っ掛けるので引っかからないようにフェースを開いて知らないうちに調整している人が多いです。

適正な長さで、ボールの距離が極端に悪く、ショルダーストロークができていれば、そのパターヘッドの重心角に合ったストロークが自然にできるようになります。

近すぎて詰まってしまえば引きにくいインサイドよりもアウトサイドに引いてしまうのですが、それは自然な動きです。

基本は目のラインの下にボールがあるのが良いと思います。ですが、目の下にボールがあるから入る確率が増えるわけではありませんので、絶対の条件ではありません。

  • コメント: 4

関連記事

  1. フェースローテーションはする?

    2020.08.24

    フェースローテーションはする?

    フェースローテーションについてお話ししたいと思います。フェースローテーションはどうやってす…

    フェースローテーションはする?
  2. ボールをフェースに乗せて運ぶ その1

    2019.01.7

    ボールをフェースに乗せて運ぶ その1

    パッティングで良い当たりをした時の感触をこんな風に表現することがあります。適正なロフトで適正…

    ボールをフェースに乗せて運ぶ その1
  3. EVEN に記事が出ました

    2020.11.13

    EVEN に記事が出ました

    今日はちょっと宣伝モードでお知らせです。現在発売中の月刊ゴルフ雑誌の EVEN の記事でお…

    EVEN に記事が出ました
  4. サイトラインの場所が重心のパター

    2020.08.6

    サイトラインの場所が重心のパター

    サイトラインは本来方向を確認するだけでなく、そこで打つイメージで打っている方が多いと思います。…

    サイトラインの場所が重心のパター
  5. ライ角/ロフト角調整時の注意 その1

    2020.03.9

    ライ角/ロフト角調整時の注意 その1

    最近は月に20本以上のパターの調整をしています。他で断られたパターもお持ちいただければだいたいの…

    ライ角/ロフト角調整時の注意 その1
  6. デシャンボーのストロークを見て

    2020.06.22

    デシャンボーのストロークを見て

    デシャンボーが変身していてびっくりしましたね。肉体改造して人ってあんなにも変われるんだと思いました…

    デシャンボーのストロークを見て
  7. 打ちたい方向にフェースを向けたのに

    2020.10.15

    打ちたい方向にフェースを向けたのに

    プッシュアウトや引っ掛けがどんなメカニズムで起きるか?今日はそんな話をしてみたいと思います。…

    打ちたい方向にフェースを向けたのに
  8. 打感とボールの硬さ/柔らかさ

    2019.03.15

    打感とボールの硬さ/柔らかさ

    パッティングで打感という話が結構出てきます。少し前までは柔らかい打感が良くて硬い打感はダメ…

    打感とボールの硬さ/柔らかさ
  9. 期待しすぎないパッティング

    2018.11.20

    期待しすぎないパッティング

    私自身も含めてパッティングの結果を期待し過ぎている方が多いと思います。期待が大きければ大きい…

    期待しすぎないパッティング

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP