パッティングストロークにおいて不安定になっている要素にはそれぞれ原因があります。

例えばインパクト時のフェースの向きが安定しない場合、グリッププレッシャーが弱すぎたり、ヘッドが重すぎて(バランスが出過ぎていて)手首が持っていかれてしまっている等が考えられます。

パッティングストローク分析では不安定な部分の原因となりそうな部分を見極め、その改善のためにどんな意識にしたらよいかを考えます。

ストロークの軌道が安定しない人の多くは手打ちになっていたり、腕と身体の間にスペースが大きくなり過ぎていたりする場合が多いです。

したがってアドレスを変えたり、グリップを変えたりするだけでストロークが安定し、フェースの向きの再現性もアップさせることができます。

ストローク分析は数字だけではありません。目視での情報も大いに活用しています。

今月もお得な価格でパッティングストローク分析のサービスを提供しています。是非この機会にストローク分析を受けてみてください。

ACTEK GOLF の今月のキャンペーンは

http://www.actekgolf.com/campaign/index.html

  • コメント: 1

関連記事

  1. ほとんどの人が動いている右膝

    2018.11.28

    ほとんどの人が動いている右膝

    パッティングストロークの分析をしていると、ほとんどの方が下半身(膝)が動いてしまっています。…

    ほとんどの人が動いている右膝
  2. 細いグリップが合う人

    2018.08.31

    細いグリップが合う人

    先日は太いパターグリップが合う人について話しました。今回は逆に細いグリップが合う人の話です。…

    細いグリップが合う人
  3. パターのスペックに合わせたアドレスはダメ

    2019.01.28

    パターのスペックに合わせたアドレスはダメ

    ここ何回かのストローク分析で、表題の通りパターがすわる位置に合わせて手首の角度や手首の形を決めてしま…

    パターのスペックに合わせたアドレスはダメ
  4. ボールを置く位置が左過ぎないか?

    2018.10.12

    ボールを置く位置が左過ぎないか?

    みなさんボールを置く位置はある程度一定になっている方が多いです。ですが、そこに置いているからいつも同…

    ボールを置く位置が左過ぎないか?
  5. 左目の下にボール

    2018.12.21

    左目の下にボール

    パッティングストロークの分析にいらしてくださった方からどんなことを気をつけてストロークしていますか?…

    左目の下にボール
  6. 風が強い日のパッティング

    2019.03.25

    風が強い日のパッティング

    先日のラウンドはかなり強い風が吹いていました。ショットで言うとアゲインストの時は2番手でも…

    風が強い日のパッティング
  7. ボール位置を確認する上での注意点

    2018.10.11

    ボール位置を確認する上での注意点

    自分がボールをどこに置いているかチェックするときに大事なことをお話します。ショットでのボール…

    ボール位置を確認する上での注意点
  8. アマラインに外れてませんか?

    2019.03.28

    アマラインに外れてませんか?

    先日のラウンドで思ったことなのですが、アマラインにばかり外れる人がいました。アマラインとい…

    アマラインに外れてませんか?
  9. 体重のかかり方、ボールからの距離の確認

    2018.11.5

    体重のかかり方、ボールからの距離の確認

    自宅にパッティングミラーがあればいいのですが、なかなかそれを持っている人は少ないと思います。…

    体重のかかり方、ボールからの距離の確認

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP