パッティングストロークにおいて不安定になっている要素にはそれぞれ原因があります。

例えばインパクト時のフェースの向きが安定しない場合、グリッププレッシャーが弱すぎたり、ヘッドが重すぎて(バランスが出過ぎていて)手首が持っていかれてしまっている等が考えられます。

パッティングストローク分析では不安定な部分の原因となりそうな部分を見極め、その改善のためにどんな意識にしたらよいかを考えます。

ストロークの軌道が安定しない人の多くは手打ちになっていたり、腕と身体の間にスペースが大きくなり過ぎていたりする場合が多いです。

したがってアドレスを変えたり、グリップを変えたりするだけでストロークが安定し、フェースの向きの再現性もアップさせることができます。

ストローク分析は数字だけではありません。目視での情報も大いに活用しています。

今月もお得な価格でパッティングストローク分析のサービスを提供しています。是非この機会にストローク分析を受けてみてください。

ACTEK GOLF の今月のキャンペーンは

http://www.actekgolf.com/campaign/index.html

  • コメント: 7

関連記事

  1. SUS303 Rocker Sole Remake を作る 2 「長さとシャフト」

    2018.09.7

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 2 「長さ…

    少し前までは自分のパターの長さは33インチと決めていたのですが、最近のパターは33.75インチにして…

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 2 「長さとシャフト」
  2. 自分がどう動かそうとしているかの確認

    2018.10.24

    自分がどう動かそうとしているかの確認

    パッティングストロークの分析を受けに来ていただいた方には、必ず最初に打っていただきながらどんなイメー…

    自分がどう動かそうとしているかの確認
  3. 自分がやろうとしていることとやっていること

    2018.08.9

    自分がやろうとしていることとやっていること

    私のフィッティングやストローク分析ではよく言っているのですが、データを見てもらうことの意味は「自分が…

    自分がやろうとしていることとやっていること
  4. 近過ぎるボールとの距離

    2019.03.11

    近過ぎるボールとの距離

    ストローク分析をする際に最初にフリーで打っていただいて色々観察させていただくのですが、ボールとの距…

    近過ぎるボールとの距離
  5. 身体を動かさないとできないショルダーストローク

    2018.10.23

    身体を動かさないとできないショルダーストローク

    ショルダーストロークのイメージを伝えるのは結構大変なので、いつもは練習グッズを使って体感してもらって…

    身体を動かさないとできないショルダーストローク
  6. 肩のラインがどこを向いているか?

    2019.05.9

    肩のラインがどこを向いているか?

    昨日のスタンスの向きに続いて、肩のラインがどこを向いているかも、テークバックのしやすさにかなり影響…

    肩のラインがどこを向いているか?
  7. パッティングで大事なのは打ち出し方向

    2018.06.5

    パッティングで大事なのは打ち出し方向

    パッティングストローク分析をしていて重要なのは綺麗に打つことではなく、打ちたい方向に真っ直ぐに打ち出…

    パッティングで大事なのは打ち出し方向
  8. 練習グリーンでの動画を撮ってみて

    2019.04.26

    練習グリーンでの動画を撮ってみて

    久しぶりに自分のパッティング練習の様子を動画で撮ってみました。お客さんのストロークはかなり…

    練習グリーンでの動画を撮ってみて
  9. ソールに鉛は注意が必要

    2019.02.1

    ソールに鉛は注意が必要

    ヘッド重量をアップするのに手っ取り早いのはソール面に鉛を張ることです。ですがそれが原因です…

    ソールに鉛は注意が必要

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP