パッティングストロークにおいて不安定になっている要素にはそれぞれ原因があります。

例えばインパクト時のフェースの向きが安定しない場合、グリッププレッシャーが弱すぎたり、ヘッドが重すぎて(バランスが出過ぎていて)手首が持っていかれてしまっている等が考えられます。

パッティングストローク分析では不安定な部分の原因となりそうな部分を見極め、その改善のためにどんな意識にしたらよいかを考えます。

ストロークの軌道が安定しない人の多くは手打ちになっていたり、腕と身体の間にスペースが大きくなり過ぎていたりする場合が多いです。

したがってアドレスを変えたり、グリップを変えたりするだけでストロークが安定し、フェースの向きの再現性もアップさせることができます。

ストローク分析は数字だけではありません。目視での情報も大いに活用しています。

今月もお得な価格でパッティングストローク分析のサービスを提供しています。是非この機会にストローク分析を受けてみてください。

ACTEK GOLF の今月のキャンペーンは

http://www.actekgolf.com/campaign/index.html

  • コメント: 0

関連記事

  1. SUS303 Rocker Sole Remake を作る 3 「ロフト角/ライ角」

    2018.09.10

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 3 「ロフ…

    今回はロフト角とライ角の決定です。ここは転がりに影響する一番重要なところです。このスペックの…

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 3 「ロフト角/ライ角」
  2. 期待しすぎないパッティング

    2018.11.20

    期待しすぎないパッティング

    私自身も含めてパッティングの結果を期待し過ぎている方が多いと思います。期待が大きければ大きい…

    期待しすぎないパッティング
  3. 左目の下にボール

    2018.12.21

    左目の下にボール

    パッティングストロークの分析にいらしてくださった方からどんなことを気をつけてストロークしていますか?…

    左目の下にボール
  4. 安定している動きを優先する

    2019.03.5

    安定している動きを優先する

    パッティングストロークの分析では、色々なパラーメーターにおける再現性を点数にして表示されます。…

    安定している動きを優先する
  5. ほんの少しのオープン/クローズで

    2018.09.26

    ほんの少しのオープン/クローズで

    パッティングストローク分析をしていてアウトサイドインになっている人は結構いらっしゃいます。それとは逆…

    ほんの少しのオープン/クローズで
  6. フェースの下で当てる練習

    2018.12.3

    フェースの下で当てる練習

    今日はフェースの下で当てる練習の仕方を紹介します。用意するものは割りばしと両面テープ…

    フェースの下で当てる練習
  7. ショートパットを左に外しやすい

    2019.03.22

    ショートパットを左に外しやすい

    ショートパットを左に外す人は結構多いです。そのミスのよくある原因をお話しします。思い当たる…

    ショートパットを左に外しやすい
  8. グリーン上のマナー 2 旗竿の置き方、置き場所

    2018.08.8

    グリーン上のマナー 2 旗竿の置き方、置き場所

    旗竿をどこに置くか?結構考えることがあります。キャディさんがいれば持ってくれるので考える必要はありま…

    グリーン上のマナー 2 旗竿の置き方、置き場所
  9. 左足(前足)の開き具合をどうするか?

    2018.08.16

    左足(前足)の開き具合をどうするか?

    これまでたくさんの人のアドレスを見てきました。今回のお話の足の置き方は人それぞれかなり違います。これ…

    左足(前足)の開き具合をどうするか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP