みなさんロングパットでどんなことを考えていますか?

私はとにかく2パットで確実に行けるパットをすることに集中しています。2パットで確実にいくにはやはりファーストパットが1m以内に寄ることが重要です。

更に傾斜がきつかったり、目がきついところでは打ちやすいラインに残すことも考えなければなりません。

50cmの下りや曲がるラインより、1mの下からのラインの方が入る確率が高くなります。

ロングパットのミスで一番多いのが距離感のジャッジミスです。この距離感を合わせる作業はなかなか難しく、特に自分が一番最初に打つ時などは情報がない中で打つので、うまくいかないときが結構あります。

ですが、2番目、3番目に打つのであれば、自分の前に打つ人のタッチやそのタッチでの曲がり幅などはかなり参考になることがあります。

わかりやすいのはその人が打つ場所から自分が打ったらどのくらいの強さで、どのくらい曲がると思って打つかを想像しながら見てみることです。

それによっていろいろな情報が入ってくるようになります。それを利用してパットを打つと距離感も合いやすくなります。

  • コメント: 9

関連記事

  1. パッティングストロークのリズム

    2019.07.19

    パッティングストロークのリズム

    ショットでもパッティングでもリズムの話が出てきます。私もリズムという話をすることが結構あり…

    パッティングストロークのリズム
  2. パターのスペック確認をしましょう

    2018.08.20

    パターのスペック確認をしましょう

    以前お話ししましたが、市販パターは同じモデルでも構えやすいもの、構えにくいものがあります。その構えに…

    パターのスペック確認をしましょう
  3. アドレスの姿勢の話

    2019.09.12

    アドレスの姿勢の話

    ショットでもそうですが、パッティングのアドレスの姿勢は大事です。姿勢を良くしようと思ってか…

    アドレスの姿勢の話
  4. 自分の基準になるストロークを作る

    2019.04.17

    自分の基準になるストロークを作る

    よくその日のグリーンのスピードをどう考えるんですか?と聞かれることがあります。そんな時にお…

    自分の基準になるストロークを作る
  5. アマラインに外れてませんか?

    2019.03.28

    アマラインに外れてませんか?

    先日のラウンドで思ったことなのですが、アマラインにばかり外れる人がいました。アマラインとい…

    アマラインに外れてませんか?
  6. 軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果4

    2019.05.21

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果4

    一日空いてしまいましたが、今日も実験の考察です。今回はフェースローテーションに注目してみま…

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果4
  7. 市販パターを使う上での知っておくべきこと

    2018.06.18

    市販パターを使う上での知っておくべきこと

    なんだかパターが構えにくいと言っていらっしゃる方が結構います。その違和感はこんな感じです。1…

    市販パターを使う上での知っておくべきこと
  8. 計測機器は使い方次第では逆効果も

    2019.09.9

    計測機器は使い方次第では逆効果も

    計測機器は使い方次第で問題を複雑にしてしまうこともあります。理想のストロークをさせるためだ…

    計測機器は使い方次第では逆効果も
  9. しっかり芯でヒットする

    2019.08.22

    しっかり芯でヒットする

    ここ何ラウンドかでこの「芯でヒットする」ことの重要性について感じています。直近のラウンドが…

    しっかり芯でヒットする

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP