みなさんロングパットでどんなことを考えていますか?

私はとにかく2パットで確実に行けるパットをすることに集中しています。2パットで確実にいくにはやはりファーストパットが1m以内に寄ることが重要です。

更に傾斜がきつかったり、目がきついところでは打ちやすいラインに残すことも考えなければなりません。

50cmの下りや曲がるラインより、1mの下からのラインの方が入る確率が高くなります。

ロングパットのミスで一番多いのが距離感のジャッジミスです。この距離感を合わせる作業はなかなか難しく、特に自分が一番最初に打つ時などは情報がない中で打つので、うまくいかないときが結構あります。

ですが、2番目、3番目に打つのであれば、自分の前に打つ人のタッチやそのタッチでの曲がり幅などはかなり参考になることがあります。

わかりやすいのはその人が打つ場所から自分が打ったらどのくらいの強さで、どのくらい曲がると思って打つかを想像しながら見てみることです。

それによっていろいろな情報が入ってくるようになります。それを利用してパットを打つと距離感も合いやすくなります。

  • コメント: 9

関連記事

  1. 一般的なANSER型の重心位置

    2019.02.7

    一般的なANSER型の重心位置

    少し前の Scotty Cameron NEWPORT ですがシャフトを外して重心位置を調べてみま…

    一般的なANSER型の重心位置
  2. パターを変えるタイミング

    2019.11.22

    パターを変えるタイミング

    パターを変えるタイミングは人それぞれなのですが、私の場合は自分がイメージするストロークがしやすいと…

    パターを変えるタイミング
  3. 自分のパッティングストロークとは?

    2019.10.29

    自分のパッティングストロークとは?

    みなさんパッティングに関する知識は、本で見たり最近では YouTube でみて得ているという方が結…

    自分のパッティングストロークとは?
  4. 自分の癖をつかむ

    2019.06.6

    自分の癖をつかむ

    パッティングストロークの分析をしていただいてよくわかるのは自分の癖です。癖はほとんどの場合…

    自分の癖をつかむ
  5. しっかり届かせようと思っているのに届かない

    2019.10.25

    しっかり届かせようと思っているのに届かない

    しっかり打ってカップまで届かせようと思っているのにどうしても届かないってときありますよね。…

    しっかり届かせようと思っているのに届かない
  6. 良いハンドファースト、悪いハンドファースト

    2019.03.19

    良いハンドファースト、悪いハンドファースト

    ハンドファーストの仕方には良い方法と悪い方法があります。ハンドファーストというのはヘッドの…

    良いハンドファースト、悪いハンドファースト
  7. 打感の柔らかいパターのロフト設定

    2019.10.2

    打感の柔らかいパターのロフト設定

    パターの調整をされる方で ODYSSEY のように樹脂の柔らかいインサートが入ったパターを調整され…

    打感の柔らかいパターのロフト設定
  8. テークバックで地面に引っかかる

    2019.10.9

    テークバックで地面に引っかかる

    昨日に引き続きテークバックでのトラブルについてです。昨日のテークバックで揺れるという人と同…

    テークバックで地面に引っかかる
  9. 初めまして、パッティングラボの遠藤です

    2018.05.22

    初めまして、パッティングラボの遠藤です

    2018年5月22日、新しいサイト「The Putting Laboratory(パッティングラボ)…

    初めまして、パッティングラボの遠藤です

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP