距離感が合わないという話をよく聞きますが、距離感を練習で養うのはなかなか難しいです。

そんな人に是非やってみていただきたいのが、カップを見ながら距離感をつかむための素振りをして、そのままの感覚ですぐに打ってみてください。

イメージを出しながらする素振りの時の幅で打てればそれほど大幅に距離感が悪くなることはありません。せっかくカップを見ながら素振りをして良い感覚になったのに、ボールを見た瞬間にその感覚を忘れてしまうことで起こってしまいます。

そんな状況になることを防ぐにはいろいろ手はあります。

1. アドレスをしてスタンスを決めた状態で、ボールの真上で素振りをしてすぐに前傾をして打てる体制を作る
2. ジョーダン・スピースのようにアドレスをしたらボールを見ないでカップを見ながらストロークする

などです。私は2. に近いやり方でやっています。ボールから少し離れたところ(実際に立つところよりも後ろ)で、カップを見ながら素振りをして、その時に結構振り幅を意識しながらやっています。

その感覚が薄れないうちに少し前に出てアドレスを決め、時間をかけないように打っています。すぐに打つためには2. の方法が良いと思いますが、色々やってみて自分のやりやすい方法をみつけると、距離感が大幅に狂わない実感が持てるようになると思います。

  • コメント: 0

関連記事

  1. フェースの素材とボール

    2019.02.25

    フェースの素材とボール

    ボールの種類によってドライバーのつかまりが変わったりしますが、パターのフェース面の素材と、ボールに…

    フェースの素材とボール
  2. シャフトを重くすると… その1

    2018.10.31

    シャフトを重くすると… その1

    パターのシャフトを重くしてみたいと思っている人は多いかと思います。みなさんが期待しているのは…

    シャフトを重くすると… その1
  3. 過去のストロークを引きずったストローク

    2018.12.20

    過去のストロークを引きずったストローク

    ショットでも同じなのですが、直前のミスの記憶が次のショットやパットに影響を与えることがあります。…

    過去のストロークを引きずったストローク
  4. 松山プロの練習グッズを効果的に使う

    2018.09.19

    松山プロの練習グッズを効果的に使う

    松山プロが使っているということで話題になった練習グッズがあります。これの何が良いのか?どんな使い方を…

    松山プロの練習グッズを効果的に使う
  5. 真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    2018.08.1

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    よくそんな事を言う人がいますが、この表現は危険です。正しくストロークすると真っ直ぐには引けま…

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?
  6. 何故突然パンチが入るのか?

    2018.10.10

    何故突然パンチが入るのか?

    ショートパットでソフトに打てないという方が結構いらっしゃいます。ショートパットですのでテーク…

    何故突然パンチが入るのか?
  7. ほとんどの人が動いている右膝

    2018.11.28

    ほとんどの人が動いている右膝

    パッティングストロークの分析をしていると、ほとんどの方が下半身(膝)が動いてしまっています。…

    ほとんどの人が動いている右膝
  8. 期待しすぎないパッティング

    2018.11.20

    期待しすぎないパッティング

    私自身も含めてパッティングの結果を期待し過ぎている方が多いと思います。期待が大きければ大きい…

    期待しすぎないパッティング
  9. フェースローテーションはするものではありません 2/2

    2018.07.18

    フェースローテーションはするものではありません 2/2

    先日はフェースバランスだからローテーションが少なくなって、L字タイプだからローテーションが多くなるの…

    フェースローテーションはするものではありません 2/2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP