距離感が合わないという話をよく聞きますが、距離感を練習で養うのはなかなか難しいです。

そんな人に是非やってみていただきたいのが、カップを見ながら距離感をつかむための素振りをして、そのままの感覚ですぐに打ってみてください。

イメージを出しながらする素振りの時の幅で打てればそれほど大幅に距離感が悪くなることはありません。せっかくカップを見ながら素振りをして良い感覚になったのに、ボールを見た瞬間にその感覚を忘れてしまうことで起こってしまいます。

そんな状況になることを防ぐにはいろいろ手はあります。

1. アドレスをしてスタンスを決めた状態で、ボールの真上で素振りをしてすぐに前傾をして打てる体制を作る
2. ジョーダン・スピースのようにアドレスをしたらボールを見ないでカップを見ながらストロークする

などです。私は2. に近いやり方でやっています。ボールから少し離れたところ(実際に立つところよりも後ろ)で、カップを見ながら素振りをして、その時に結構振り幅を意識しながらやっています。

その感覚が薄れないうちに少し前に出てアドレスを決め、時間をかけないように打っています。すぐに打つためには2. の方法が良いと思いますが、色々やってみて自分のやりやすい方法をみつけると、距離感が大幅に狂わない実感が持てるようになると思います。

  • コメント: 3

関連記事

  1. 練習グリーンでの練習

    2019.04.23

    練習グリーンでの練習

    練習グリーンでの練習はどんな感じでしていますか?私の場合最初はグリーンのスピードを知りたい…

    練習グリーンでの練習
  2. テークバックは手で引かない

    2019.05.24

    テークバックは手で引かない

    パッティングストロークの分析にいらした方の話を聞くと、テークバックをどう引いたらいいかということを…

    テークバックは手で引かない
  3. duckbill golf NO-LOGO Rocker Sole Remake

    2019.09.27

    duckbill golf NO-LOGO Rocker Sole R…

    ダックビルゴルフのオリジナルパターの Rocker Sole Remake(ロッカーソールリメイク…

    duckbill golf NO-LOGO Rocker Sole Remake
  4. 納得できるミスにするために

    2020.02.7

    納得できるミスにするために

    ミスを納得するって変な話ですが、「今のはこういう事が起きてミスが出たんだ」と納得して次のパットに…

    納得できるミスにするために
  5. パッティングには自分に合ったストロークがある

    2019.07.18

    パッティングには自分に合ったストロークがある

    ショットと違い大きな力を入れる必要が無いパッティング。カップまで転がす方法はかなりたくさん…

    パッティングには自分に合ったストロークがある
  6. ボールのラインを合わせることのメリット

    2018.08.24

    ボールのラインを合わせることのメリット

    ボールのプリントに直線部分があったりすると、そこをターゲットに向けてボールを置いたり、自分で太いライ…

    ボールのラインを合わせることのメリット
  7. アッパー軌道で打つには

    2019.10.3

    アッパー軌道で打つには

    アッパー軌道、ハンドファースト、フェースの下目で打つ。これがボールの転がりを良くする条件で…

    アッパー軌道で打つには
  8. ヘッド軌道で好きなラインは決まる

    2019.07.24

    ヘッド軌道で好きなラインは決まる

    色々な人のストローク軌道を見ていると、好きな曲がる方向がわかります。全体のストローク軌道で…

    ヘッド軌道で好きなラインは決まる
  9. 私に合うパターはどんな形ですか?

    2019.01.21

    私に合うパターはどんな形ですか?

    パッティングストロークの分析にいらして、自分にどんなパターが合うかを知りたいという方が結構いらっしゃ…

    私に合うパターはどんな形ですか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP