パターがあまり得意ではないという理由でマレット型のパターを選んでいる方が結構いらっしゃいます。

パターのどこに易しさを感じるかによって本当にそうかどうかが決まってきます。その一つの要素としてパターのすわりがあります。

一般にブレード幅が薄いピン型やL字型パターは接地面が少なくフェースの向きを合わせるのが難しいです。一方マレットタイプは奥行きがあるのですわりが良く、「ポンっ」と置いただけで手の位置を決めたらフェースが真っすぐ向いてくれるものが多いです。

それがマレットタイプではなく、大型マレットなどになると更にそれがやりやすくなります。

マレット型の多くはベントシャフトがヘッドに直接ついているものが多いので、ネック重量がない分重心が低くなります。これはボールをフェースの下目で打てる人にとっては易しく感じる上に転がりが良くなります。

また、少し難しい話になりますが慣性モーメントがブレードタイプのパターよりも大きくなるので、ボールを前に飛ばす力がより少なくてもヘッド自体が飛ばしてくれます。

ですので、マレットタイプはインパクトでヘッドを加速しなくてもある程度ボールが飛んでくれるという利点があります。自分でボールをヒットして距離感を合わせなくても良いという点では確かにマレットタイプの方が易しいのかもしれません。

ただストロークのタイプによってはブレードタイプの方が易しく感じる人もいますので、自分のストロークがどんなタイプなのかを把握することが重要になります。

  • コメント: 1

関連記事

  1. 考えなくてもできるから再現性が上がる

    2020.02.12

    考えなくてもできるから再現性が上がる

    どうしたら再現性が高い動きができるか?よく聞かれます。その時にお話しすることを今日は書こうと思い…

    考えなくてもできるから再現性が上がる
  2. パッティングに関する色々な分布 1 Consistency

    2018.09.14

    パッティングに関する色々な分布 1 Consistency

    今日は パッティングストローク分析を受けてくれた方のデータを紹介します(数年前のデータですが...)…

    パッティングに関する色々な分布 1 Consistency
  3. 腹圧を上げてパッティングする

    2018.06.27

    腹圧を上げてパッティングする

    「腹圧を上げる」って言われてもパッティングに関係があるのか?と思う方が多いかもしれません。し…

    腹圧を上げてパッティングする
  4. 過去のストロークを引きずったストローク

    2018.12.20

    過去のストロークを引きずったストローク

    ショットでも同じなのですが、直前のミスの記憶が次のショットやパットに影響を与えることがあります。…

    過去のストロークを引きずったストローク
  5. ショートパットのミスを知る実験 実験方法編

    2018.07.2

    ショートパットのミスを知る実験 実験方法編

    今日は今回の実験の方法を説明します。狙う距離は1.5mで、狙う方向は1カップ左と右。1カップ…

    ショートパットのミスを知る実験 実験方法編
  6. フェース向きのコントロールの練習 2

    2018.08.7

    フェース向きのコントロールの練習 2

    今日はスクエアインパクトを練習する簡単な方法を紹介します。使うのはこれです。名刺が入…

    フェース向きのコントロールの練習 2
  7. 易しいパターって何だろう?

    2020.03.30

    易しいパターって何だろう?

    易しいパターの定義はなかなか難しく、その人の弱点をカバーしてくれるものが易しいパターということにな…

    易しいパターって何だろう?
  8. パターを吊ってアドレスする人は

    2019.11.15

    パターを吊ってアドレスする人は

    先日パターをつって構える人の話になった時の話です。なんでつるのか?まず一つは前傾が浅くなる…

    パターを吊ってアドレスする人は
  9. ボールをフェースに乗せて運ぶ その1

    2019.01.7

    ボールをフェースに乗せて運ぶ その1

    パッティングで良い当たりをした時の感触をこんな風に表現することがあります。適正なロフトで適正…

    ボールをフェースに乗せて運ぶ その1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP