パターがあまり得意ではないという理由でマレット型のパターを選んでいる方が結構いらっしゃいます。

パターのどこに易しさを感じるかによって本当にそうかどうかが決まってきます。その一つの要素としてパターのすわりがあります。

一般にブレード幅が薄いピン型やL字型パターは接地面が少なくフェースの向きを合わせるのが難しいです。一方マレットタイプは奥行きがあるのですわりが良く、「ポンっ」と置いただけで手の位置を決めたらフェースが真っすぐ向いてくれるものが多いです。

それがマレットタイプではなく、大型マレットなどになると更にそれがやりやすくなります。

マレット型の多くはベントシャフトがヘッドに直接ついているものが多いので、ネック重量がない分重心が低くなります。これはボールをフェースの下目で打てる人にとっては易しく感じる上に転がりが良くなります。

また、少し難しい話になりますが慣性モーメントがブレードタイプのパターよりも大きくなるので、ボールを前に飛ばす力がより少なくてもヘッド自体が飛ばしてくれます。

ですので、マレットタイプはインパクトでヘッドを加速しなくてもある程度ボールが飛んでくれるという利点があります。自分でボールをヒットして距離感を合わせなくても良いという点では確かにマレットタイプの方が易しいのかもしれません。

ただストロークのタイプによってはブレードタイプの方が易しく感じる人もいますので、自分のストロークがどんなタイプなのかを把握することが重要になります。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編

    2018.07.3

    ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編

    まずは簡単に違いがわかるところから見ていきましょう。1カップ左、および右の角度は先日のタンジ…

    ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編
  2. インパクトはアドレスの再現

    2018.12.17

    インパクトはアドレスの再現

    ショットではアドレスの位置に戻ってくるよりは若干ハンドファースト気味になるので、厳密にはインパクトが…

    インパクトはアドレスの再現
  3. SUS303 Rocker Sole Remake を作る 3 「ロフト角/ライ角」

    2018.09.10

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 3 「ロフ…

    今回はロフト角とライ角の決定です。ここは転がりに影響する一番重要なところです。このスペックの…

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 3 「ロフト角/ライ角」
  4. 真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    2018.08.1

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    よくそんな事を言う人がいますが、この表現は危険です。正しくストロークすると真っ直ぐには引けま…

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?
  5. ボールを置く位置が左過ぎないか?

    2018.10.12

    ボールを置く位置が左過ぎないか?

    みなさんボールを置く位置はある程度一定になっている方が多いです。ですが、そこに置いているからいつも同…

    ボールを置く位置が左過ぎないか?
  6. ショートパットのミスを知る実験 実験方法編

    2018.07.2

    ショートパットのミスを知る実験 実験方法編

    今日は今回の実験の方法を説明します。狙う距離は1.5mで、狙う方向は1カップ左と右。1カップ…

    ショートパットのミスを知る実験 実験方法編
  7. ミドルパット vs ショートパット 2/2

    2018.05.31

    ミドルパット vs ショートパット 2/2

    前回は3mのパットの時と、1mのパットの時のデータを比較してみましたが特にミスが出そうな数値は見出せ…

    ミドルパット vs ショートパット 2/2
  8. マレット型が合うタイプ

    2018.12.27

    マレット型が合うタイプ

    今回はちょっと違うアプローチでマレット型が合う人はどんな人なのか考えてみました。マレット型と…

    マレット型が合うタイプ
  9. フェースの下で当てる練習

    2018.12.3

    フェースの下で当てる練習

    今日はフェースの下で当てる練習の仕方を紹介します。用意するものは割りばしと両面テープ…

    フェースの下で当てる練習

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP