パターがあまり得意ではないという理由でマレット型のパターを選んでいる方が結構いらっしゃいます。

パターのどこに易しさを感じるかによって本当にそうかどうかが決まってきます。その一つの要素としてパターのすわりがあります。

一般にブレード幅が薄いピン型やL字型パターは接地面が少なくフェースの向きを合わせるのが難しいです。一方マレットタイプは奥行きがあるのですわりが良く、「ポンっ」と置いただけで手の位置を決めたらフェースが真っすぐ向いてくれるものが多いです。

それがマレットタイプではなく、大型マレットなどになると更にそれがやりやすくなります。

マレット型の多くはベントシャフトがヘッドに直接ついているものが多いので、ネック重量がない分重心が低くなります。これはボールをフェースの下目で打てる人にとっては易しく感じる上に転がりが良くなります。

また、少し難しい話になりますが慣性モーメントがブレードタイプのパターよりも大きくなるので、ボールを前に飛ばす力がより少なくてもヘッド自体が飛ばしてくれます。

ですので、マレットタイプはインパクトでヘッドを加速しなくてもある程度ボールが飛んでくれるという利点があります。自分でボールをヒットして距離感を合わせなくても良いという点では確かにマレットタイプの方が易しいのかもしれません。

ただストロークのタイプによってはブレードタイプの方が易しく感じる人もいますので、自分のストロークがどんなタイプなのかを把握することが重要になります。

  • コメント: 4

関連記事

  1. できあがった実験用パター

    2019.04.8

    できあがった実験用パター

    実験用のパターができあがりました。使うパーツとしては、ヘッドが「Scotty Camero…

    できあがった実験用パター
  2. フェースが真っ直ぐに向く感覚

    2018.10.25

    フェースが真っ直ぐに向く感覚

    アドレス時のフェースの向きは絶対に真っ直ぐに向いていなければならないというとそうでもないのですが、や…

    フェースが真っ直ぐに向く感覚
  3. 自分の基準になるストロークを作る

    2019.04.17

    自分の基準になるストロークを作る

    よくその日のグリーンのスピードをどう考えるんですか?と聞かれることがあります。そんな時にお…

    自分の基準になるストロークを作る
  4. 調整してもまた調整…

    2018.10.1

    調整してもまた調整…

    今日の話は結構ある話です。身に覚えのある方もいると思います。こうなってしまう状況の調整はほぼライ角の…

    調整してもまた調整…
  5. ストローク軌道を修正する意外に簡単な方法

    2018.10.16

    ストローク軌道を修正する意外に簡単な方法

    私の場合ストローク軌道が悪い状態になるとインに引きすぎてしまいます。インに引いて主に起こるのはプッシ…

    ストローク軌道を修正する意外に簡単な方法
  6. 下半身を動かさない意識

    2018.10.17

    下半身を動かさない意識

    パッティングストロークをするときに、下半身を絶対に動かさない意識で打とうと思うと、自然にショルダース…

    下半身を動かさない意識
  7. ロフト調整で変わる打音

    2019.05.30

    ロフト調整で変わる打音

    インパクト時のハンドファーストもしくはハンドレイトの度合いによってインパクトロフトが変わります。…

    ロフト調整で変わる打音
  8. なぜショルダーストロークか?

    2018.12.14

    なぜショルダーストロークか?

    ショルダーストロークがパッティングストロークでは大事な動きであることはずっと言ってきました。それはど…

    なぜショルダーストロークか?
  9. Rocker Sole Remake スペシャルバージョンが入荷!

    2018.06.4

    Rocker Sole Remake スペシャルバージョンが入荷!

    元々サイトラインが無いのが OLD ANSER らしいところなのですが、やはりサイトラインやサイトド…

    Rocker Sole Remake スペシャルバージョンが入荷!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP