自分がボールをどこに置いているかチェックするときに大事なことをお話します。

ショットでのボールの位置と同様にパッティングでのボールの位置の確認は重要です。その際に気をつけなければならないことがあります。

まず、私の場合で言うと右足のつま先の開きはほとんど無し、ですが左足のつま先は結構開いています。

ボールの位置をつま先で確認するとボールが左に寄っていてもそれに気づかない場合があります。ボールの位置を確認する際は、つま先を開かない状態で確認してみてください。

左の画像は左足が開いている状態です。この形で見るとボールは真ん中にあるように見えますね。ですが、左の写真のように左足のつま先の開きを戻してみると、かなりボールが左足寄りにきていることがわかります。

ショットのときにもかかとの内側のラインで話しをすることが多いのですが、パターの場合は普段のアドレスをしてみてチェックするときにはつま先の開きがない状態になるようにかかとを視点につま先の向きを調整してチェックしてください。

私のように左右のつま先の開きの度合いが違う方が結構いると思いますので、つま先を開いていなかったらどの位置にボールがあるのかをチェックしてみてください。

真ん中だと思っていたのに実際にはずいぶん左に置いていたことに気づく人が結構いらっしゃると思います。

基準となるボール位置などに関してはまた後日…

  • コメント: 0

関連記事

  1. 近くのスパットか?打っていく方向か?

    2018.08.29

    近くのスパットか?打っていく方向か?

    人によってターゲット方向のイメージの仕方は異なります。表題のように近くのスパットに対してフェ…

    近くのスパットか?打っていく方向か?
  2. 高麗グリーンで気をつけること

    2018.12.10

    高麗グリーンで気をつけること

    先日久しぶりに高麗グリーンでプレーしてきました。高麗グリーンはベントグリーンと違いパッティン…

    高麗グリーンで気をつけること
  3. 右サイドを動かさない意識

    2018.08.23

    右サイドを動かさない意識

    パッティングに限らず右サイドを動かさない意識を常に持っています。特にパッティングでは右サイド…

    右サイドを動かさない意識
  4. インパクトで大事なこと

    2018.11.13

    インパクトで大事なこと

    インパクトで思った方向に打ち出すために必要な条件は、フェース向きとクラブ軌道の条件があった時です。…

    インパクトで大事なこと
  5. 変わったパターを使う時の注意

    2018.06.28

    変わったパターを使う時の注意

    世の中には色々なコンセプトのパターが存在します。Edel トルクバランスパター、ODYSSE…

    変わったパターを使う時の注意
  6. Too much(やりすぎ) はダメ

    2018.10.4

    Too much(やりすぎ) はダメ

    Too much(やりすぎ) はゴルフには禁物です。ゴルフでのやりすぎにはいろいろなものがあ…

    Too much(やりすぎ) はダメ
  7. カップまでの距離とカップインするための打ち出し方向の関係 1/2

    2018.06.19

    カップまでの距離とカップインするための打ち出し方向の関係 1/2

    3m先のカップに入れるためには打ち出し方向が1度以内の誤差にならなければならないという話を聞いたこと…

    カップまでの距離とカップインするための打ち出し方向の関係 1/2
  8. フェースの下で当てる練習

    2018.12.3

    フェースの下で当てる練習

    今日はフェースの下で当てる練習の仕方を紹介します。用意するものは割りばしと両面テープ…

    フェースの下で当てる練習
  9. 自宅でのパター練習で気をつけること

    2018.09.4

    自宅でのパター練習で気をつけること

    自宅でパター練習をしているという方は結構いらっしゃいますが、どんな練習をしているか聞いてみると、意外…

    自宅でのパター練習で気をつけること

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP