自分がボールをどこに置いているかチェックするときに大事なことをお話します。

ショットでのボールの位置と同様にパッティングでのボールの位置の確認は重要です。その際に気をつけなければならないことがあります。

まず、私の場合で言うと右足のつま先の開きはほとんど無し、ですが左足のつま先は結構開いています。

ボールの位置をつま先で確認するとボールが左に寄っていてもそれに気づかない場合があります。ボールの位置を確認する際は、つま先を開かない状態で確認してみてください。

左の画像は左足が開いている状態です。この形で見るとボールは真ん中にあるように見えますね。ですが、左の写真のように左足のつま先の開きを戻してみると、かなりボールが左足寄りにきていることがわかります。

ショットのときにもかかとの内側のラインで話しをすることが多いのですが、パターの場合は普段のアドレスをしてみてチェックするときにはつま先の開きがない状態になるようにかかとを視点につま先の向きを調整してチェックしてください。

私のように左右のつま先の開きの度合いが違う方が結構いると思いますので、つま先を開いていなかったらどの位置にボールがあるのかをチェックしてみてください。

真ん中だと思っていたのに実際にはずいぶん左に置いていたことに気づく人が結構いらっしゃると思います。

基準となるボール位置などに関してはまた後日…

  • コメント: 8

関連記事

  1. オープン/クローズになってみる

    2019.02.27

    オープン/クローズになってみる

    テークバックの方向がうまくイメージできない人がたまにいらっしゃいます。そんな時に試していた…

    オープン/クローズになってみる
  2. PING のグリップを握りやすく 3

    2020.12.4

    PING のグリップを握りやすく 3

    自分のグリップを交換するチャンスがありましたので早速やってみました。今回使ったパーツは5個…

    PING のグリップを握りやすく 3
  3. またもや小さいテークバックの人が

    2020.02.10

    またもや小さいテークバックの人が

    先日ストローク分析をしにいらした方のテークバックがまたもや小さかったです。小さいので距離…

    またもや小さいテークバックの人が
  4. 腹圧を上げるのを忘れてた…

    2020.03.13

    腹圧を上げるのを忘れてた…

    先日ラウンドをしていて気が付いたことがあります。そのラウンドではパッティングの調子が悪く…

    腹圧を上げるのを忘れてた…
  5. 入らないように練習はしない

    2020.11.10

    入らないように練習はしない

    パターが入らないように練習する人はいないですよね...。パッティングストロークが基本に忠実…

    入らないように練習はしない
  6. グリップとバランスの関係

    2019.12.16

    グリップとバランスの関係

    パターのグリップを変えるときにグリップ重量に関して気をつけている方は結構多いと思います。数…

    グリップとバランスの関係
  7. 自信を無くすことが一番ダメ

    2020.02.6

    自信を無くすことが一番ダメ

    人それぞれ性格があるので、ダメって言われてもしょうがない部分はあると思いますが、血液型「O型」の…

    自信を無くすことが一番ダメ
  8. ストローク中に意識すべきは右膝の位置

    2020.10.19

    ストローク中に意識すべきは右膝の位置

    パッティングカウンセリングにいらしていただいた方に一度は体感していただくショルダーストローク。…

    ストローク中に意識すべきは右膝の位置
  9. 考えなくてもできるから再現性が上がる

    2020.02.12

    考えなくてもできるから再現性が上がる

    どうしたら再現性が高い動きができるか?よく聞かれます。その時にお話しすることを今日は書こうと思い…

    考えなくてもできるから再現性が上がる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP