みなさんボールを置く位置はある程度一定になっている方が多いです。ですが、そこに置いているからいつも同じミスが出るということもよくある事です。

ですので、少しボールの位置を変えてみるとまた違ったパッティングスタイルとストロークが見えてきます。

私が見ていて多いのはやはり左に置きすぎの方です。左にボールがあると手をそこに持っていこうとする動きが入ってしまい、本当はボールをつかまえたいのに逆にボールがつかまらないということが起きてプッシュアウトになる。

その逆も起こって、ヘッドがアウトから入ってきて引っ掛けたりということが起きるようになってしまいます。引っ掛けたりプッシュが出たりがする方は自分がボールを左に置きすぎていないかをチェックしてみてください。

まず真っ直ぐに構えていることを前提に考えると、利き手が下にグリップしている人が多いと思いますので、左にボールが行くほど左肩が前に出てきてしまいます。

ヘッドを身体の真ん中正面において、その状態に合わせるようにボールを置くのがいいと思います。ここがニュートラルな位置です。

ここで構えた状態はボールが約1個分真ん中よりも左にあると思います。ここに置いてどうなるか一度試してみながら、ボールが真っ直ぐに打ち出せる自分に最適なボール位置を探してみてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 良いストロークをするには?

    2018.10.3

    良いストロークをするには?

    良いストロークをするためには色々重要なことがあります。もちろん良いストロークをすることも必要なのです…

    良いストロークをするには?
  2. グリーン上のマナー 2 旗竿の置き方、置き場所

    2018.08.8

    グリーン上のマナー 2 旗竿の置き方、置き場所

    旗竿をどこに置くか?結構考えることがあります。キャディさんがいれば持ってくれるので考える必要はありま…

    グリーン上のマナー 2 旗竿の置き方、置き場所
  3. ショートパットのミスを知る実験 フェースの向き編

    2018.07.4

    ショートパットのミスを知る実験 フェースの向き編

    今日はフェースの向きに注目してみました。フェースの向きにはアドレス時の向きとインパクト時の向きがあり…

    ショートパットのミスを知る実験 フェースの向き編
  4. フェース素材の違いによるロフト調整

    2018.09.25

    フェース素材の違いによるロフト調整

    パターのロフト調整をする際に考慮していることがあります。ロフトはボールをつかまえるために必要です。ボ…

    フェース素材の違いによるロフト調整
  5. ショートパットのミスを知る実験 実験方法編

    2018.07.2

    ショートパットのミスを知る実験 実験方法編

    今日は今回の実験の方法を説明します。狙う距離は1.5mで、狙う方向は1カップ左と右。1カップ…

    ショートパットのミスを知る実験 実験方法編
  6. 体重のかかり方、ボールからの距離の確認

    2018.11.5

    体重のかかり方、ボールからの距離の確認

    自宅にパッティングミラーがあればいいのですが、なかなかそれを持っている人は少ないと思います。…

    体重のかかり方、ボールからの距離の確認
  7. 2本の TRUECoG パター(CUPRUM/SUS303)の使い分け

    2018.07.5

    2本の TRUECoG パター(CUPRUM/SUS303)の使い分け…

    TRUECoG シリーズには3種類のヘッド素材があってそのそれぞれが全て同じ設計になっています。ヘッ…

    2本の TRUECoG パター(CUPRUM/SUS303)の使い分け
  8. 細いグリップが合う人

    2018.08.31

    細いグリップが合う人

    先日は太いパターグリップが合う人について話しました。今回は逆に細いグリップが合う人の話です。…

    細いグリップが合う人
  9. ミドルパット vs ショートパット 1/2

    2018.05.30

    ミドルパット vs ショートパット 1/2

    短いパットを外すっていやですよね...。せっかく250 Yardを飛ばしても、50cmを外してしまう…

    ミドルパット vs ショートパット 1/2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP