みなさんボールを置く位置はある程度一定になっている方が多いです。ですが、そこに置いているからいつも同じミスが出るということもよくある事です。

ですので、少しボールの位置を変えてみるとまた違ったパッティングスタイルとストロークが見えてきます。

私が見ていて多いのはやはり左に置きすぎの方です。左にボールがあると手をそこに持っていこうとする動きが入ってしまい、本当はボールをつかまえたいのに逆にボールがつかまらないということが起きてプッシュアウトになる。

その逆も起こって、ヘッドがアウトから入ってきて引っ掛けたりということが起きるようになってしまいます。引っ掛けたりプッシュが出たりがする方は自分がボールを左に置きすぎていないかをチェックしてみてください。

まず真っ直ぐに構えていることを前提に考えると、利き手が下にグリップしている人が多いと思いますので、左にボールが行くほど左肩が前に出てきてしまいます。

ヘッドを身体の真ん中正面において、その状態に合わせるようにボールを置くのがいいと思います。ここがニュートラルな位置です。

ここで構えた状態はボールが約1個分真ん中よりも左にあると思います。ここに置いてどうなるか一度試してみながら、ボールが真っ直ぐに打ち出せる自分に最適なボール位置を探してみてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 自分のパッティングの弱点を知る

    2018.09.20

    自分のパッティングの弱点を知る

    みなさん自分がどんな状況の時にどんなミスをするか?把握できていますか?これを知っていると色々な対処方…

    自分のパッティングの弱点を知る
  2. パターヘッドの重量・バランスを考える 2/2

    2018.06.13

    パターヘッドの重量・バランスを考える 2/2

    昨日予告した実験をしました。下の表が結果の生データです。表の中の10の位が1はBバラ…

    パターヘッドの重量・バランスを考える 2/2
  3. フェースローテーションはするものではありません 1/2

    2018.07.17

    フェースローテーションはするものではありません 1/2

    パッティングストロークの分析をしに来ていたいた時に皆さんに聞くことがあります。最初にフリーで…

    フェースローテーションはするものではありません 1/2
  4. ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編

    2018.07.3

    ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編

    まずは簡単に違いがわかるところから見ていきましょう。1カップ左、および右の角度は先日のタンジ…

    ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編
  5. ミドルパット vs ショートパット 2/2

    2018.05.31

    ミドルパット vs ショートパット 2/2

    前回は3mのパットの時と、1mのパットの時のデータを比較してみましたが特にミスが出そうな数値は見出せ…

    ミドルパット vs ショートパット 2/2
  6. クロウグリップのメリットは?

    2018.07.26

    クロウグリップのメリットは?

    先日の全英オープンは久しぶりに面白かったですね。タイガー・ウッズが上位にいたので、いつもなら途中で寝…

    クロウグリップのメリットは?
  7. 下半身を動かさない意識

    2018.10.17

    下半身を動かさない意識

    パッティングストロークをするときに、下半身を絶対に動かさない意識で打とうと思うと、自然にショルダース…

    下半身を動かさない意識
  8. SUS303 Rocker Sole Remake を作る 1 「ヘッド選択」

    2018.09.6

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 1 「ヘッ…

    自分用に SUS303 素材の Rocker Sole Remake を作ってみようと思います。これ…

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 1 「ヘッド選択」
  9. フォワードプレスの勧め

    2018.08.21

    フォワードプレスの勧め

    フォワードプレスという言葉を聞いた事がある方は結構いると思います。自分も微妙にですがこれをしてい…

    フォワードプレスの勧め

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP