パッティングに限らず右サイドを動かさない意識を常に持っています。

特にパッティングでは右サイドが動いてしまうとボールの打ち出し方向を安定して作れません。

ここで言う右サイドというのは、肩、腰、膝です。この3箇所が動かないようにストロークすることがインパクトでのフェースの向きを安定させることにつながると考えています。

腰の向きは肩や膝の動きに伴って動く場合が多いのですが、逆に言えば腰を動かさない意識になれれば肩も膝も動きにくくなってきます。

右の膝を動かさない意識は結構一人でやっていてもできるようになりますが、肩が動かない感覚は人に見てもらいながらやったほうがやりやすいです。

右肩の悪い動きとしてはボールを追いかけるように体が回ってしまい、これの伴って右肩が前に出てしまうことです。この動きになってしまっている方は結構多いです。

その動きによってボールがつかまらなくなってしまうのでそれを手の動きでごまかすという流れになってしまいます。

肩の動きが抑えられるとヘッドは勝手にローテーションしてボールはつかまるようになります。ショットと同じですね。

右サイドを動かさない意識でストロークをしてみてください。上手くできるとこんな感じになります(ちょっとわかりやすいように大げさにやっていますが…)。

この練習に良いグッズがあるのですが、次回紹介したいと思います。上の動画はその練習グッズを使ってストロークしています。

  • コメント: 0

関連記事

  1. パター用のカーボンシャフトの良さとは?

    2018.07.31

    パター用のカーボンシャフトの良さとは?

    最近パター用のカーボンシャフトが増えてきましたね。大手シャフトメーカーはもちろん、パターを作っている…

    パター用のカーボンシャフトの良さとは?
  2. 松山プロの練習グッズを効果的に使う

    2018.09.19

    松山プロの練習グッズを効果的に使う

    松山プロが使っているということで話題になった練習グッズがあります。これの何が良いのか?どんな使い方を…

    松山プロの練習グッズを効果的に使う
  3. フェース向きのコントロールの練習 1

    2018.08.6

    フェース向きのコントロールの練習 1

    ストロークの軌道は良いのにフェースがスクエアに戻ってこなくてまっすぐにボールが打ち出せない人がたまに…

    フェース向きのコントロールの練習 1
  4. パターの打感は調整だけでも変わる

    2018.11.27

    パターの打感は調整だけでも変わる

    パター選びの基準で打感にこだわる人が結構いらっしゃいます。一般的にはヘッドの素材だったり、フ…

    パターの打感は調整だけでも変わる
  5. フェースの下目で打つイメージを作る練習

    2018.06.25

    フェースの下目で打つイメージを作る練習

    パッティングストローク分析をしていると、ヘッドの縦方向の動きがわかります。ダウンブローに当たっている…

    フェースの下目で打つイメージを作る練習
  6. 真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    2018.08.1

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    よくそんな事を言う人がいますが、この表現は危険です。正しくストロークすると真っ直ぐには引けま…

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?
  7. パッティングで大事なのは打ち出し方向

    2018.06.5

    パッティングで大事なのは打ち出し方向

    パッティングストローク分析をしていて重要なのは綺麗に打つことではなく、打ちたい方向に真っ直ぐに打ち出…

    パッティングで大事なのは打ち出し方向
  8. パッティングでのふところ

    2018.08.17

    パッティングでのふところ

    アドレスの時にボールの距離があっていない人が結構いらっしゃいます。今回はこのボールとの距離についてお…

    パッティングでのふところ
  9. ラウンド前の練習グリーンで

    2018.12.6

    ラウンド前の練習グリーンで

    先日のホームコースでのラウンドはパット数が15-13の28パット。こんなに良いパット数はなか…

    ラウンド前の練習グリーンで

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP