パッティングに限らず右サイドを動かさない意識を常に持っています。

特にパッティングでは右サイドが動いてしまうとボールの打ち出し方向を安定して作れません。

ここで言う右サイドというのは、肩、腰、膝です。この3箇所が動かないようにストロークすることがインパクトでのフェースの向きを安定させることにつながると考えています。

腰の向きは肩や膝の動きに伴って動く場合が多いのですが、逆に言えば腰を動かさない意識になれれば肩も膝も動きにくくなってきます。

右の膝を動かさない意識は結構一人でやっていてもできるようになりますが、肩が動かない感覚は人に見てもらいながらやったほうがやりやすいです。

右肩の悪い動きとしてはボールを追いかけるように体が回ってしまい、これの伴って右肩が前に出てしまうことです。この動きになってしまっている方は結構多いです。

その動きによってボールがつかまらなくなってしまうのでそれを手の動きでごまかすという流れになってしまいます。

肩の動きが抑えられるとヘッドは勝手にローテーションしてボールはつかまるようになります。ショットと同じですね。

右サイドを動かさない意識でストロークをしてみてください。上手くできるとこんな感じになります(ちょっとわかりやすいように大げさにやっていますが…)。

この練習に良いグッズがあるのですが、次回紹介したいと思います。上の動画はその練習グッズを使ってストロークしています。

  • コメント: 6

関連記事

  1. Other Brand Putters

    2018.05.3

    Other Brand Putters

    ここではその他のブランドのカスタマイズしたパターの作品集を紹介します。カスタマイズオーダー時の参考に…

    Other Brand Putters
  2. 自分がどう動かそうとしているかの確認

    2018.10.24

    自分がどう動かそうとしているかの確認

    パッティングストロークの分析を受けに来ていただいた方には、必ず最初に打っていただきながらどんなイメー…

    自分がどう動かそうとしているかの確認
  3. 重いヘッドの方が安定しやすい

    2019.04.18

    重いヘッドの方が安定しやすい

    ここ10年くらいでパターのヘッド重量は20g以上重くなっています。320g程度のヘッド重量…

    重いヘッドの方が安定しやすい
  4. フェースの下に当てるだけではない

    2019.02.22

    フェースの下に当てるだけではない

    転がりの良いパッティングをするためには、いろいろな条件があります。フェースの下で当てることはある…

    フェースの下に当てるだけではない
  5. パターグリップをどう選ぶか?

    2018.06.22

    パターグリップをどう選ぶか?

    みなさんどうやってグリップを選んでいますか?今回はグリップを選ぶ際の注意点についてお話ししたいと思い…

    パターグリップをどう選ぶか?
  6. パターのスペックに合わせたアドレスはダメ

    2019.01.28

    パターのスペックに合わせたアドレスはダメ

    ここ何回かのストローク分析で、表題の通りパターがすわる位置に合わせて手首の角度や手首の形を決めてしま…

    パターのスペックに合わせたアドレスはダメ
  7. ボールにラインを十字に入れる

    2018.11.16

    ボールにラインを十字に入れる

    以前も話題にしたことがあるかもしれませんが、ボールにラインを入れる話です。今回は真っ直ぐのラ…

    ボールにラインを十字に入れる
  8. パター用シャフト色々

    2018.07.19

    パター用シャフト色々

    今把握している比較的簡単に手に入るパター用のシャフトを特長を交えて紹介します。●島田…

    パター用シャフト色々
  9. 面白い練習グッズ “EYELINE GOLF Sweet Spot 360”

    2018.09.5

    面白い練習グッズ “EYELINE GOLF Sweet …

    今日は面白い練習グッズの紹介です。パターの芯になかなかあたらない人に最適の練習グッズです。…

    面白い練習グッズ “EYELINE GOLF Sweet Spot 360”

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP