パッティングに限らず右サイドを動かさない意識を常に持っています。

特にパッティングでは右サイドが動いてしまうとボールの打ち出し方向を安定して作れません。

ここで言う右サイドというのは、肩、腰、膝です。この3箇所が動かないようにストロークすることがインパクトでのフェースの向きを安定させることにつながると考えています。

腰の向きは肩や膝の動きに伴って動く場合が多いのですが、逆に言えば腰を動かさない意識になれれば肩も膝も動きにくくなってきます。

右の膝を動かさない意識は結構一人でやっていてもできるようになりますが、肩が動かない感覚は人に見てもらいながらやったほうがやりやすいです。

右肩の悪い動きとしてはボールを追いかけるように体が回ってしまい、これの伴って右肩が前に出てしまうことです。この動きになってしまっている方は結構多いです。

その動きによってボールがつかまらなくなってしまうのでそれを手の動きでごまかすという流れになってしまいます。

肩の動きが抑えられるとヘッドは勝手にローテーションしてボールはつかまるようになります。ショットと同じですね。

右サイドを動かさない意識でストロークをしてみてください。上手くできるとこんな感じになります(ちょっとわかりやすいように大げさにやっていますが…)。

この練習に良いグッズがあるのですが、次回紹介したいと思います。上の動画はその練習グッズを使ってストロークしています。

  • コメント: 2

関連記事

  1. フェースを真っ直ぐ出そうと思うと

    2019.02.13

    フェースを真っ直ぐ出そうと思うと

    パッティングストローク分析をしていてよく聞くストロークのイメージが打った後のフェースの向きのイメー…

    フェースを真っ直ぐ出そうと思うと
  2. ショートパットのミスの規則性

    2019.11.20

    ショートパットのミスの規則性

    ショートパットのミスには必ず規則性があると考えています。私も以前は右に外すことがほとんどで…

    ショートパットのミスの規則性
  3. SUS303 Rocker Sole Remake を作る 3 「ロフト角/ライ角」

    2018.09.10

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 3 「ロフ…

    今回はロフト角とライ角の決定です。ここは転がりに影響する一番重要なところです。このスペックの…

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 3 「ロフト角/ライ角」
  4. Too much(やりすぎ) はダメ

    2018.10.4

    Too much(やりすぎ) はダメ

    Too much(やりすぎ) はゴルフには禁物です。ゴルフでのやりすぎにはいろいろなものがあ…

    Too much(やりすぎ) はダメ
  5. パターのロフト調整は…

    2018.10.2

    パターのロフト調整は…

    パッティングストロークの分析を受けていただくと、インパクト時のハンドファーストの度合いや上下のストロ…

    パターのロフト調整は…
  6. パター用シャフト色々

    2018.07.19

    パター用シャフト色々

    今把握している比較的簡単に手に入るパター用のシャフトを特長を交えて紹介します。●島田…

    パター用シャフト色々
  7. 届かないは入らないをどうするか?

    2019.04.12

    届かないは入らないをどうするか?

    私も経験がありますが、自分では一生懸命届かせようと思って打っているのに、カップまで届かずアマサイド…

    届かないは入らないをどうするか?
  8. CUPRUM w/UST Mamiya FF でラウンド

    2019.09.25

    CUPRUM w/UST Mamiya FF でラウンド

    TRUECoG CUPRUM に UST Mamiya FF Shaft を入れてラウンドしてきま…

    CUPRUM w/UST Mamiya FF でラウンド
  9. フェース面のイメージは手の平?

    2019.02.14

    フェース面のイメージは手の平?

    私のフェース面のイメージは右の手の平です。右手のグリップを決める時に手の平がフェース面になるように…

    フェース面のイメージは手の平?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP