カテゴリー
パターのスペックについて パターの調整/カスタマイズ パッティングストロークについて ブログ全投稿

パターにその手の位置に<
させられていないか?

悪い言い方をすると自分がない人は、パターが変わると構え方も変わります。

多分そういう人はパターのすわりを優先しているんでしょうね。そうしたい気分はよくわかるのですが、自分が置きたい手の位置が決まっていないんだと思います。

手の位置は決まっていないのでパターが真っ直ぐに向く位置で構えることになってしまいます。

ロフトが立ったパターだとハンドファーストにしないとすわらないので、フェースがかぶってこないためにも、左に手を持ってくることになります。

逆にロフトが寝たパターだとハンドレートにしないとフェースがオープンになってしまうので、右に手を持ってきて構えてしまいます。

表題の通りパターに自分の手の位置を決められてしまっているということになります。こういう事象を私は自分がないアドレスと呼んでいます。

こういう人はパターのスペックがおかしくてもそれを受け入れてしまえるので、何を使っても特に違和感はさほど感じません。

おかしいなと思うのは最初だけで、慣れてしまえばそのままずっと使ってしまう感じになります。

自分がある人はそれがおかしいと思いながら使うので、フェースが真っ直ぐに向けられないまま気持ちが悪い状態で使い続けることになってしまいます。

そうすると結果も良くないので、あのパターはダメだったという評価につながってしまいます。

ですがこういう事例もパターのロフトやライが合っていれば使える良いパターになっていたかもしれません。

パターを試すときはいつもの手の位置でやってみることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。