カテゴリー
パッティングストロークについて パッティング練習 ブログ全投稿

ショートパットで近くに
立ち過ぎてないですか?

パッティングカウンセリングで90分以上のコースを選んでいただくと、ショートパットについてもやっていただいています。

普通にミドルパットくらいを打っているとちゃんと目線の下にボールを置けているのに、ショートパットになると距離感が変わっている方が多いです。

距離感が変わる人のほとんどの方はボールとの距離が近くなってしまっています。

これは自分で実験してみたのですが、自分も若干その傾向がありました。自分の場合は5回何も考えずに1mのショートパットを打つ位置に立った時には平均して9mmほどボールに近づいていました。

やはりどうしても入れたいのでボールに近づきたくなるんでしょうね。

近くなるうえに前傾が深くなってしまうこともあるので、余計ボールの位置は目線の内側になってしまいます。

近いボールに対してストロークするとアウトに上がりやすくなります。普段のストロークができなくなってミスが出るということもありそうです。

自分がそうなっていないか実際に距離を測ってみると参考になると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。