カテゴリー
その他 パターの調整/カスタマイズ ブログ全投稿

ちょっと怖いカスタムを
見ました その1

お客様のパターをお預かりしてこんなやり方があるんだ…というのがありましたので紹介します。

つじつまとしては合っているのですが、ちょっと危険なやり方のような気もします。良い悪いはまた別の話としてこんなやり方という意味での紹介にしておきます。

画像はフラット方向になってますが実際は逆方向から接着されていました

今回の依頼はパターのライ角調整でした。すでに少しアップライトにはなっているけど更にアップライトにしたいとのご依頼。

「はいはい、簡単ですよ」といつものように調整するとシャフトが折れたような感じになりました。

元々アップライトになっていたのはシャフトの接着の時にアップライトに接着していたからだったのですが、まさかシャフトが折れた感じになるとは…

そこでシャフトを抜いてみると大変なことが発覚。

なんとシャフト先端が斜めにカットされています。斜めに刺さった状態で大量の接着剤で固められて止まっていました。

確かにこれだとシャフトがホーゼルの中で遊ぶので角度を変えて入れる自由度が広がりますね。

強度的にはパッティングだけなら問題は無いとは思えますが、調整をしたら固まった接着剤が粉々になりますよね。

こんな調整の仕方もあるんだとちょっと勉強になったというか興味深いものを見た感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。