カテゴリー
その他 パッティングストロークについて パッティング練習 ブログ全投稿

SRIXON ブラックトレーサーパッティングマットを購入

以前からパッティングカウンセリングで使えるのではないかと思い気になっていた表題のマットを購入しました。

このマットを使うとボールの打ち出しでボールが跳ねていないかの確認が簡単にできます。

マットの表面はそこそこ長くて柔らかくて細い毛でできていて、原理的にはその毛が生えている方向があってそれを逆方向に立たせた上を転がすと跡がつくという感じです。

これって余計な線がないのが欲しいところですね。ということで線の無いところで2種類の打ち方で試してみました。

打つ前は一番上の画像の状態です。

そして実際に悪い(跳ねてしまう)打ち方をしてみるとこういう跡がつきます。

では転がりが良い打ち方をした時と悪い打ち方をした時を並べてみるとこんな感じになります。

これは見た目ですぐわかるから良いですね。あとはよく見るとわかるのですがちゃんと線になっている方も微妙に太いところと細いところがあります。

球が浮いてはいないけど多少の上下動はしているみたいですね。

これはしばらく遊べそうです。同じパターでロフトを変えたときにどんな感じになるかも試してみたいと思います。

SRIXON ブラックトレーサーパッティングマットはこちらから購入できます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。