カテゴリー
その他 パッティングストロークについて ブログ全投稿

カップにどう入ったかまで気にしない

パッティングカウンセリングにいらしてくださった方に必ず話すことがあります。

この話も何度かしたことがあるような気もしますが、大事なことなのでまたお話しします。

パッティングの結果は色々なことに影響します。次のパッティングにはもちろん、ティショットやアプローチなどにも影響を与えます。

もちろん入れば良いイメージで次のショットやパットに臨めます。入らないと悪い方向に影響することも多々あります。

そんな影響力が強いパットでせっかく入ったのに素直にそれを喜べない人がいます(自分もそうでしたが…)。

入ったという事実を素直に喜べばいいのに、どう入ったかまで気にしてしまうことがあります。右カップ縁を狙って打ったのに左目から入ったとか、強めに打ったのに弱かったとか…。

元も子もないことを言えば、自然のグリーンは完全な平らではありません。思った入り方をしなかった原因がグリーンにあることもあります。

途中に直されていないピッチマークがあったり、気がつかないスパイクマークがあったかもしれません。なので、狙った方向に行かないことはいつでも起こりえる事なんです。

そのたまたま起きたかもしれないことを自分の打ち方のせいにして、入ったのに入ってないような精神状態になってしまう…。これってとってももったいないことです。

入ったことを素直に喜んで次のショットやパットにプラスな精神状態で臨みたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。