カテゴリー
パッティングストロークについて パッティング練習 ブログ全投稿

パッティングで大事だと考える二つの要素

「パッティングで大事なことは何か?」と聞かれたら答えるのは二つの要素です。

どちらも技術的なことですがこれらができれば理想のパッティングが実現できます。

一つ目は再現性の高い動きで狙った方向に打ちだせること。二つ目は距離感が合うことです。

一つ目の狙った方向に打ちだすことができれば、結果に対して悪かったことが明確になります。狙った方向に打ちだして入らなければ、それは読みが悪かったことになります。

読みが悪いのは様々な情報をうまく処理できなかったことになりますので、技術的にはやろうとすることはできたことになります。

思った方向に打ちだせなくて入らなかった場合には技術的な問題があったということになります。

二つ目の大事なことは距離感が合っているということです。距離感が合っていれば次のパットはそれほど難易度の高いパットにならなくて済む可能性が高くなるからです。

先日大事なラウンドで自分が何を考えてパッティングしていたかを思い返してみたら、とにかく距離感を合わせて3パットしないことを考えていました。

上りのパットも下りのパットも、上りはショートしない、下りはオーバーしないことを考えてパッティングしていました。

その結果3パットせずに回ることができました。これができればあとは自分が思った方向に打ち出せれば1パットで入ることも増えてくると思います。

もし機会があったらまずは距離感優先でラウンドしてみてください。そこでどんな変化が出るかやってみると面白い発見があるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。