カテゴリー
パッティングストロークについて パッティング練習 ブログ全投稿

CAPTO Gen 2 でデータをとってみました 1

自分のストロークがどうなっているか気になる方も多いかと思います。

私もインに引きすぎる癖があり、それが現状どうなっているのかを知りたいときに CAPTO を利用しています。

あとは自分ではやっているつもりだったのにできていなかったことがあった場合、どのくらい意識したら理想の動きになるのかを試す際にもこの CAPTO を使っています。

CAPTO 2 を使って自分が弱い部分を判定するのは再現性のデータですが、その部分に関してはまた後日。

今回はよく見る上から見た時のヘッドの軌道についてのデータを見ていただきます。

軽いインサイドインでこのストロークでは悪い癖が出ていないようです。

そして次はヘッドをトウ側から見た時の上下の軌道です。

こちらはピンクのラインの最下点がボールの置いた位置と一致してしまっています。これだとアッパー軌道に当たっていないということになります。

こんな感じでまずは軌道がどうなっているかを見てみるのも良いかもしれませんね。

ご不明な点がありましたら info@puttinglabo.com までメールでお問い合わせいただくか 03-5823-4860 までお電話にてお問い合わせください。下記のフォームからでも大丈夫です。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。