カテゴリー
パッティングストロークについて パッティング練習 ブログ全投稿

アドレス状態からボールを押し出す練習は基本的にダメ

この練習が何の練習になるのか?疑問ばかりです。

でもこのイメージでフォローを出している人が結構いらっしゃいます。

アドレス状態からボールを真っ直ぐに押し出す時に、ヘッドの重みを使えないので体の力だけで打たなければなりません。

ですが、この練習で3mとか5mを打とうとすると体をいっぱいに使わなければできないので、下半身を止めておくなんていうことはできなくなります。

この練習をするなら2m以内で下半身を止めて両脇を離さないようにやるのであれば良いかもしれません。

上のことを意識しないで練習した時にはフェース面を真っ直ぐに出し続けるような打ち方になってしまって、フェースが閉じる動きになりません。

この動きをしてインサイドから打っている人はプッシュアウトにしかなりません。

ストロークの練習はストローク全体をすることで意味を持ちますので、フォローだけの練習は前後の条件次第で無駄な練習になってしまいますので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。