カテゴリー
パッティングストロークについて パッティング練習 ブログ全投稿

ストローク中は頭は微妙に動くもの

ストローク中に頭が動かないように意識しているという方が結構いらっしゃいます。

これを意識しすぎると肩の動きが無くなってしまいますので注意が必要です。

ショルダーストロークでは肩が上下する動きになりますので、その動きをスムーズにするために若干の頭の傾きの変化がある方が自然にストロークできます。

頭を止めると肩から先だけの動きになってしまい体で打つことができなくなってしまいます。

右利きの方であれば左脇が縮んで左肩が下がってバックストローク、次に右脇が縮んで右肩が下がるのがフォワードストロークということになります。

体の傾きが変わってストロークしますので、それに連動して頭の角度も動きます。

ですので頭を絶対に動かさないように…なんて思わないようにしてください。

これがアドレス時の頭の傾き
これがインパクト時の頭の位置です

上の画像は私のアドレス時とインパクト時の頭の傾きの違いを見ていただけると思います。肩の高さも変わっているのがわかります。

2mくらいでしたらこのくらいの差しか出てきません。ただし頭は正面を向いたまま左右の傾きが変わるだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。