カテゴリー
パターの調整/カスタマイズ ブログ全投稿

カップに届かない…

カップまで届かないということがラウンド中に何回かあります。

こういう時に限ってラインに乗っていたりして、超残念な気持ちになります。

なぜ打てないのか?自分の場合やはり悪い記憶が残っている時に起こっています。

パッティングでは外したときの記憶をリセットして次のパットに臨むことが重要なのですが、なかなかそうはわかっていてもできないものです。

ひっかけた後にプッシュする、打ち過ぎた後にショートするというのはよくある話です。

小さな動きのパッティングはやはり調整が難しいですよね。

こういう悪い印象が重なって起きているときは少しの間エースパターを休ませて、気分転換することも大事です。

「届かないは入らない」はわかっているのですが、意識しすぎると打ち過ぎになってしまいますよね。

下りのラインはショートしてまた下りのラインを残さない事を考えてパッティングしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。