グリーンのカラーにボールが止まっていたり、花道にボールがあるときに何を使うか?

私の場合持っていくクラブは 50度、PW、そしてパターです。

一番最初に考えるのはパターで打てないか?次は PW でどうか?次に 50度 でどうか?の順番で考えます。

転がって行く方向に障害物が無ければ必ずパターを使います。その他のクラブを使う場合は空中を飛ばしたい理由があるときだけです。

どういうことかというとパターで転がすとそこに当たってしまって方向が変わってしまいそうなものがある場合はパター以外を使って、P と 50度 を持っていく理由は落とす場所をどこにするか?(キャリーをどこにするか)で決めています。

ピンが近ければ持っていくクラブが 50度、56度 だったり、56度、60度 だったします。でもそれが無ければ必ずパターを使います。

というわけでパターで打てる状況であればパターが一番大きなミスを回避できるクラブです。わざわざ難しいサンドウェッジを使う理由はどこにもありません。

ただカラーで減速されるイメージは積み重ねないとできてきませんので、ラウンド前のグリーンでは必ず少し外から打つ練習も取り入れてみてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. グリップエンドの動きに注目

    2018.08.22

    グリップエンドの動きに注目

    パッティングのストローク中のグリップエンドに注目してみてください。上の動画のようにシ…

    グリップエンドの動きに注目
  2. ライ角/ロフト角調整時の注意 その1

    2020.03.9

    ライ角/ロフト角調整時の注意 その1

    最近は月に20本以上のパターの調整をしています。他で断られたパターもお持ちいただければだいたいの…

    ライ角/ロフト角調整時の注意 その1
  3. 細いグリップが合う人

    2018.08.31

    細いグリップが合う人

    先日は太いパターグリップが合う人について話しました。今回は逆に細いグリップが合う人の話です。…

    細いグリップが合う人
  4. パッティングストローク分析をしていて感じること

    2018.05.27

    パッティングストローク分析をしていて感じること

    これまでたくさんのアマチュアゴルファー、プロゴルファーのパッティングストローク分析をしてきました。…

    パッティングストローク分析をしていて感じること
  5. STRAIGHT TRAX で練習

    2019.01.24

    STRAIGHT TRAX で練習

    先日購入してみたレッドベターの練習グッズの「STRAIGHT TRAX」で練習してみました。…

    STRAIGHT TRAX で練習
  6. 期待し過ぎない

    2021.04.8

    期待し過ぎない

    パッティングカウンセリングにいらっしゃる方で、2m くらいのパットが高い確率で入るようにしたいとい…

    期待し過ぎない
  7. フェースバランスのパターでプッシュ

    2019.05.31

    フェースバランスのパターでプッシュ

    私も経験があるのですが、フェースバランスのパターや大型ヘッドのパターを使うとプッシュアウトのミスが…

    フェースバランスのパターでプッシュ
  8. ボールの位置で縦軌道が変わる

    2020.10.22

    ボールの位置で縦軌道が変わる

    今日はボールを置く位置で縦のヘッド軌道が変わるという話をします。ボールの回転を良くするため…

    ボールの位置で縦軌道が変わる
  9. 自宅での効果的な練習 その1

    2019.01.17

    自宅での効果的な練習 その1

    自宅でパッティングも練習を効果的にする方法の一つ目です。自宅にパターマットがあるという方は結…

    自宅での効果的な練習 その1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP