先日パターのロフトライ調整にいらしていただいたお客様が翌日にも来ていただきました。

今回の調整のパターは TaylorMade TRUSS シリーズの TB1 でした。このパターで先日ダスティン・ジョンソンが優勝しましたね。

そんな TRUSS パターですが、形状から見てもこれはライ角は変えられないだろうと思ったのですが、ホーゼルがつけられている最上部に若干の余裕があったのでトライしてみました。

今回の調整はオリジナルの70度のライ角から72度に。そしてロフトも3度への調整でした。

ライ角とロフトを計測すると、ライ角が70.5度、ロフトが4度になっていました。オリジナルが70度/3度のはずなので少し違っていましたね。

最初に Scotty Cameron Loft&Lie Fixture にセットし少し力を入れてみた感じから、これは行けそうだと思ったのですが、予想通り調整することができました。

ライ角 70.5度→72度、ロフト角 4度→3度にばっちりできました。ライ角はもう少しいけそうですね。

そうそうこの TB1 はヒールパターと書かれていますが、ほぼフェースバランスでした。

  • コメント: 0

関連記事

  1. アドレスでのハンドファーストの度合い

    2019.03.1

    アドレスでのハンドファーストの度合い

    パッティングストロークの分析をしていて、表題のハンドファーストの度合いを聞かれることがよくあります…

    アドレスでのハンドファーストの度合い
  2. フェースローテーションはするものではありません 2/2

    2018.07.18

    フェースローテーションはするものではありません 2/2

    先日はフェースバランスだからローテーションが少なくなって、L字タイプだからローテーションが多くなるの…

    フェースローテーションはするものではありません 2/2
  3. ライ角/ロフト角調整時の注意 その2

    2020.03.10

    ライ角/ロフト角調整時の注意 その2

    昨日に続きライ角/ロフト角調整時の注意点についてお話しします。今日も実際によくある話から…

    ライ角/ロフト角調整時の注意 その2
  4. 風が強い日のパッティング

    2019.03.25

    風が強い日のパッティング

    先日のラウンドはかなり強い風が吹いていました。ショットで言うとアゲインストの時は2番手でも…

    風が強い日のパッティング
  5. バーディパットが入る人、入らない人

    2018.12.5

    バーディパットが入る人、入らない人

    色々な人とラウンドしていて感じる事なのですが、バーディチャンスをモノにできる人と、そうではない人に差…

    バーディパットが入る人、入らない人
  6. ミーリングが深いパターが少なくなった

    2019.07.3

    ミーリングが深いパターが少なくなった

    最近ミーリングが深いパターを見かけなくなりました。これには理由があると考えています。どんな…

    ミーリングが深いパターが少なくなった
  7. 長尺パター復活のための下準備 1

    2020.07.7

    長尺パター復活のための下準備 1

    長尺用のグリップが準備できたので、色々準備を始めました。まず最初に現状のスペック計測。…

    長尺パター復活のための下準備 1
  8. 引きたい方向に引きにくくしてないか?

    2019.03.12

    引きたい方向に引きにくくしてないか?

    テークバックをしていきたい方向にどうもうまくあがらないという人が結構いらっしゃいます。それ…

    引きたい方向に引きにくくしてないか?
  9. パッティングでグリップを握る強さは?

    2018.06.15

    パッティングでグリップを握る強さは?

    よくグリップを握る強さについて聞かれることがあります。この質問に対しては即答で「しっかり握ってくださ…

    パッティングでグリップを握る強さは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP