先日は左脇を縮めるようにテークバックすれば引っかかりにくいという話をしました。

あとは低く引こうと意識し過ぎていると、腕を伸ばす動きが入ってしまって地面に引っかかってしまいます。

今日はもう一つの方法をお話しします。

それはフォワードプレスです。フォワードプレスすることで右手首に角度ができてそのまま上げると地面に引っかかりにくくなります。

フォワードプレスは元々テークバックのきっかけを作るための物ですが、手首がゆるゆるで、フェースの向きが安定しない方にもお勧めのやりかたです。

テークバックでヘッドが引っかかってしまうと、リズムも悪くなりますしフェースン向きのコントロールもできなくなります。

地面を擦りながらテークバックする癖がある方は、これらの方法で摺らないようにする練習をすることをお勧めします。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 入らないことはミスではないことも

    2020.03.4

    入らないことはミスではないことも

    パッティングは他のショットと違うところがあります。それは穴に入れるという明確な目的があることです…

    入らないことはミスではないことも
  2. 速いグリーンで感じたこと

    2020.06.26

    速いグリーンで感じたこと

    先日プレーした宍戸ヒルズは雨降りにもかかわらず 10ft くらいのスピードが出ている感覚がありまし…

    速いグリーンで感じたこと
  3. アッパー軌道の間違った認識

    2019.04.15

    アッパー軌道の間違った認識

    パッティングストローク分析に来ていただいた方に質問することがあります。それは自分が考える理…

    アッパー軌道の間違った認識
  4. パターのすわりの良し悪し

    2020.05.28

    パターのすわりの良し悪し

    このパターは構えにくい...って結構ありますよね。それに店頭で気がつけば同じモデルの他のパ…

    パターのすわりの良し悪し
  5. 万人向けの練習グッズはありませんが…

    2018.07.13

    万人向けの練習グッズはありませんが…

    世の中にはたくさんの練習グッズがあり、それぞれ開発者の意図する使い方があります。ですがそれをきちんと…

    万人向けの練習グッズはありませんが…
  6. 真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    2019.07.22

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    よく自分のストロークをこう表現する方がいらっしゃいます。イメージとしてはフェースの向きが変…

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?
  7. 一般的なピン型の重心位置

    2019.10.23

    一般的なピン型の重心位置

    PING の Anser の形状のパターを使っている人に知っておいてもらいたいことがあります。…

    一般的なピン型の重心位置
  8. 練習を一生懸命する人ほど…

    2019.09.6

    練習を一生懸命する人ほど…

    パッティングストロークの分析をして、修正ポイントがわかり一生懸命練習をしてその成果をもう一度見にき…

    練習を一生懸命する人ほど…
  9. ストローク軌道が作るフェースの向き

    2019.10.17

    ストローク軌道が作るフェースの向き

    昨日のパターンとは逆でストローク軌道が先に決まってそれに合わせてフェースの向きができている人もいま…

    ストローク軌道が作るフェースの向き

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP