パターは自信を持って打たなければならないっていう話はよく聞くと思います。この自信を持ってというのは実際にはどういうことか?を考えてみると…

まず、自信を持って打つということは曲がり幅や、強弱の読みを確定して打つということです。ここが決まらずにやるとストロークもうまくいきません。

私の場合は、カップの真横にカップがあることを想像して、どの方向に打つかを決めています。例えばカップ一つ右(実際のカップの横にもう一つカップを置いた右縁)とか、カップ一つ右の内側とか…。

これに加えて重要なのは強弱です。こちらは私の場合方向の感覚はカップの真横で考えますが、距離感はその方向のどの当たりで止めるイメージかを想像します。

強烈な下りなら50cmだけ転がるようにとか、上りのパットであれば逆に1m通り過ぎる感覚でというイメージの作り方をしています。

これはこうやると良いというやり方はありません。自分の感覚で全く問題ありません。とにかくいつもの考え方で、いつもの狙い方で同じ感覚でどこに打つかどこまで打つかをしっかり決めて打つということです。

これができれば、パッティングのメカニズムに問題があったのか?読みが悪かったのかがはっきり区別できます。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 良いストロークをしようと思いすぎると…

    2018.11.2

    良いストロークをしようと思いすぎると…

    パッティングで自分の思う理想のストロークをしようと思うと、いくつも気をつけなくてはならない場合があり…

    良いストロークをしようと思いすぎると…
  2. 打感とボールの硬さ/柔らかさ

    2019.03.15

    打感とボールの硬さ/柔らかさ

    パッティングで打感という話が結構出てきます。少し前までは柔らかい打感が良くて硬い打感はダメ…

    打感とボールの硬さ/柔らかさ
  3. 近くのスパットか?打っていく方向か?

    2018.08.29

    近くのスパットか?打っていく方向か?

    人によってターゲット方向のイメージの仕方は異なります。表題のように近くのスパットに対してフェ…

    近くのスパットか?打っていく方向か?
  4. ラインが見やすい角度で構える

    2020.02.18

    ラインが見やすい角度で構える

    全ての方にあてはまる話ではないという前提でお読みください。先日ストロークを見た方で、どう…

    ラインが見やすい角度で構える
  5. アッパー軌道で打つには

    2019.10.3

    アッパー軌道で打つには

    アッパー軌道、ハンドファースト、フェースの下目で打つ。これがボールの転がりを良くする条件で…

    アッパー軌道で打つには
  6. どうやって打つか考えない?

    2019.12.19

    どうやって打つか考えない?

    ストローク分析で最初に打ちながらお話しをしているときに、どんなことを意識しながら打っているかを必ず…

    どうやって打つか考えない?
  7. 軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果3

    2019.05.17

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果3

    今日も実験結果の検証をしてみました。 今回は上から見たときのストローク軌道を見てみました。…

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果3
  8. パターのバランスは参考値

    2020.01.6

    パターのバランスは参考値

    パターもクラブなのでもちろんスイングバランスというものがあります。ただバランスがいくつだ…

    パターのバランスは参考値
  9. ミドルパット vs ショートパット 2/2

    2018.05.31

    ミドルパット vs ショートパット 2/2

    前回は3mのパットの時と、1mのパットの時のデータを比較してみましたが特にミスが出そうな数値は見出せ…

    ミドルパット vs ショートパット 2/2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP