そんなことを確かめに来たという方が結構いらっしゃいます。

そんな時は最初は何も言わず、とりあえずストローク分析をします。何本かパターを持ってきた方にはどれが使いたいと思っているパターですか?と聞いてそれをまず打ってもらっています。

そして分析結果を説明する中でどんなパターがどんな人に合うかという話をします。

その内容は「どんなパターだからどんな打ち方をしなければならない」ということではないという話になります。そうすると「使いたいパターを使えば良いんですね」ということになります。

一般的なパターフィッティングで言う合う合わないの指標になっているのが、フェースローテーションとパターの重心角の関係です。

ですが、これはそれを意識して変えるものではなく、普通のストロークしていればそうなっていくものです。それがそうならないストロークをしているのであれば、どんな性質のパターを使ってもストロークに差が出てきません。

ただやろうとしているストロークがやりやすいか、やりにくいかという感覚はある場合があります。それはでもよっぽど極端な差がない限りそれほどストロークに現れることはありません。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 考えなくてもできるから再現性が上がる

    2020.02.12

    考えなくてもできるから再現性が上がる

    どうしたら再現性が高い動きができるか?よく聞かれます。その時にお話しすることを今日は書こうと思い…

    考えなくてもできるから再現性が上がる
  2. ラインが見やすい角度で構える

    2020.02.18

    ラインが見やすい角度で構える

    全ての方にあてはまる話ではないという前提でお読みください。先日ストロークを見た方で、どう…

    ラインが見やすい角度で構える
  3. 右足体重?左足体重?

    2019.08.5

    右足体重?左足体重?

    パッティングのアドレスの時に左に体重がかかり過ぎている方がたまにいらっしゃいます。飛球方向…

    右足体重?左足体重?
  4. ショートパットを確実に入れるために その3

    2019.11.7

    ショートパットを確実に入れるために その3

    ショートパットを確実に入れるための方法の3回目です。今回はパッティングはリズムが重要という…

    ショートパットを確実に入れるために その3
  5. テークバックの始動

    2019.03.8

    テークバックの始動

    テークバックのきっかけはどうしているのか聞かれることがよくあります。パッティングストロークは…

    テークバックの始動
  6. 爪先でも踵でもない

    2019.08.1

    爪先でも踵でもない

    アドレス時の体重がかかる位置は爪先でもないですし踵でもありません。パッティングストローク分…

    爪先でも踵でもない
  7. 打つ時にあれこれ考えてると…

    2019.08.19

    打つ時にあれこれ考えてると…

    良いストロークをしようと強く思っている人ほど、ぎこちないストロークになってしまうことがあります。…

    打つ時にあれこれ考えてると…
  8. 打点の意識と縦の軌道

    2018.11.19

    打点の意識と縦の軌道

    少し前にボールの横に電池を置いて、フェースの下の方で打つ感覚を養う練習について話しました。そ…

    打点の意識と縦の軌道
  9. 練習でできることがコースでできない

    2020.02.13

    練習でできることがコースでできない

    ストローク分析をしにくる方で練習では完璧にできているのにコースに行くと同じようにできないという方…

    練習でできることがコースでできない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP