パッティングストロークの分析での最初の打ちながらのヒアリングで、ショットについてのことを聞くことがあります。

それはショットのクラブの動きと結構リンクしているところがあって、その情報を最初に持っていることはストロークデータの説明をする際に容易に理解してもらいやすいからです。

例えばインサイドアウトの軌道が強くて、フェースがクローズになっている状態でドローボールを打っている人は、やはりパターもそんな動きになっている場合が多いです。

こういうことがあるので、ショットの悪い癖を修正しているタイミングでパッティングが調子が悪くなるということは結構見てきました。

色々意識してできる人はいいのですが、なかなか思うようにイメージができない人もいます。そういう場合ショットのイメージに近づけてみるとすんなりうまくいくことが結構あります。

これも試してみていただきたいストロークのイメージの一つです。

  • コメント: 1

関連記事

  1. テークバックで揺れる原因

    2019.10.8

    テークバックで揺れる原因

    先日ストローク分析された方でテークバックの軌道が安定しない方がいらっしゃいました。テークバ…

    テークバックで揺れる原因
  2. 転がりを良くするための条件

    2020.02.19

    転がりを良くするための条件

    転がりが良い球というのは最後までトロトロ転がってなかなか止まらずに転がりますよね。こうい…

    転がりを良くするための条件
  3. オープン/クローズになってみる

    2019.02.27

    オープン/クローズになってみる

    テークバックの方向がうまくイメージできない人がたまにいらっしゃいます。そんな時に試していた…

    オープン/クローズになってみる
  4. ライ角調整ができないパター

    2019.11.12

    ライ角調整ができないパター

    先日ライ角調整を依頼されたパターで頑張っても1度くらいしか曲がらないパターがありました。ラ…

    ライ角調整ができないパター
  5. パターの長さと身長

    2019.04.11

    パターの長さと身長

    パターの長さを身長で決めている方が多いです。身長が180cmだから35インチとか、身長が1…

    パターの長さと身長
  6. 軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果1

    2019.05.15

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果1

    ずいぶん間が空いてしまいましたが、先日作ってみた ODYSSEY Stroke Lab 風のパター…

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果1
  7. 本当にパッティングが悪かったのか?

    2020.01.17

    本当にパッティングが悪かったのか?

    パッティングの結果は結構ラウンドでひきずることがあります。でもそれってもしかしたらパッテ…

    本当にパッティングが悪かったのか?
  8. パンチは本当にダメなのか?

    2018.11.7

    パンチは本当にダメなのか?

    結構「パンチが入っちゃうんだよね」という人がいらっしゃいます。パンチが入ってダメなのは、ある…

    パンチは本当にダメなのか?
  9. 肩甲骨を開くか?閉じるか?

    2019.06.28

    肩甲骨を開くか?閉じるか?

    パッティングのアドレスで肩甲骨の話をすることがよくあります。アドレスの時に肩甲骨を開いて肩…

    肩甲骨を開くか?閉じるか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP