パッティングが調子悪くて普段やらないことを急にやるのは難しいです。ですが普段から練習していてその打ち方がどんなメリットがあるのかを知っていればそれは武器になります。

打ち方といっても色々ありますね。

1. グリップの握り方
2. 前掲の深さ
3. スタンスの幅
4. スタンスの向き

細かく言ったらもっとありそうです。

私の場合は結構練習したのはクロウグリップです。クロウグリップにするときのルーティーンを決めて、確率よく打ち出し方向をイメージを合わせる方法も研究しました。

クロウグリップに変えるときはどう意識してもショートしてしまうような状況の時です。クロウグリップにすると自分が思った距離より打てることが多いんです。

方向はルーティーンさえしっかりできていれば、普通の打ち方の時の感覚と同じで打っても大丈夫だと思えるまで練習しました。実際にラウンド中に変えたことは一度しかありませんが、一日を通してクロウグリップでラウンドしたことは何度かあります。

皆さんも少し色々な打ち方を試してみると、「こんなメリットがあるんだ」という打ち方が見つかるかもしれません。

  • コメント: 2

関連記事

  1. パターヘッドの重量・バランスを考える 2/2

    2018.06.13

    パターヘッドの重量・バランスを考える 2/2

    昨日予告した実験をしました。下の表が結果の生データです。表の中の10の位が1はBバラ…

    パターヘッドの重量・バランスを考える 2/2
  2. ほんの少しのオープン/クローズで

    2018.09.26

    ほんの少しのオープン/クローズで

    パッティングストローク分析をしていてアウトサイドインになっている人は結構いらっしゃいます。それとは逆…

    ほんの少しのオープン/クローズで
  3. 障害物を置いて練習

    2019.01.25

    障害物を置いて練習

    自分がどんな軌道でストロークをしているのか?パッティングストローク分析をするとそれが手に取る…

    障害物を置いて練習
  4. 細いグリップが合う人

    2018.08.31

    細いグリップが合う人

    先日は太いパターグリップが合う人について話しました。今回は逆に細いグリップが合う人の話です。…

    細いグリップが合う人
  5. 重いヘッドの方が安定しやすい

    2019.04.18

    重いヘッドの方が安定しやすい

    ここ10年くらいでパターのヘッド重量は20g以上重くなっています。320g程度のヘッド重量…

    重いヘッドの方が安定しやすい
  6. パッティングストローク分析で

    2018.11.6

    パッティングストローク分析で

    最近パッティングストロークの分析をしていて、似たようなパターンの方が何人かいらっしゃったので、その時…

    パッティングストローク分析で
  7. つま先の向きを利用する

    2019.05.14

    つま先の向きを利用する

    これはショットでもいえるのですが、つま先がどちらを向いているかは体の動きに影響を与えます。…

    つま先の向きを利用する
  8. ロフト調整で変わるインパクト音

    2019.01.31

    ロフト調整で変わるインパクト音

    パッティングストローク分析をして最適なロフトに調整する方が30%くらいの確率でいらっしゃいます。…

    ロフト調整で変わるインパクト音
  9. インパクト後の余計な動き

    2018.11.8

    インパクト後の余計な動き

    結構このインパクト後の余計な動きをされる方が多いです。この余計な動きが自分が行きたくない方向…

    インパクト後の余計な動き

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP