パッティングが調子悪くて普段やらないことを急にやるのは難しいです。ですが普段から練習していてその打ち方がどんなメリットがあるのかを知っていればそれは武器になります。

打ち方といっても色々ありますね。

1. グリップの握り方
2. 前掲の深さ
3. スタンスの幅
4. スタンスの向き

細かく言ったらもっとありそうです。

私の場合は結構練習したのはクロウグリップです。クロウグリップにするときのルーティーンを決めて、確率よく打ち出し方向をイメージを合わせる方法も研究しました。

クロウグリップに変えるときはどう意識してもショートしてしまうような状況の時です。クロウグリップにすると自分が思った距離より打てることが多いんです。

方向はルーティーンさえしっかりできていれば、普通の打ち方の時の感覚と同じで打っても大丈夫だと思えるまで練習しました。実際にラウンド中に変えたことは一度しかありませんが、一日を通してクロウグリップでラウンドしたことは何度かあります。

皆さんも少し色々な打ち方を試してみると、「こんなメリットがあるんだ」という打ち方が見つかるかもしれません。

  • コメント: 2

関連記事

  1. フェースバランスだから易しい?

    2020.03.27

    フェースバランスだから易しい?

    ストローク分析にいらっしゃる方に話を聞くと、大きいヘッドでフェースバランスだと易しいと思っている…

    フェースバランスだから易しい?
  2. Scotty Cameron のパターをお色直し

    2018.09.12

    Scotty Cameron のパターをお色直し

    今日は Rocker Sole Remake のお話しは一回お休み...。先日少し開いてグリップが入…

    Scotty Cameron のパターをお色直し
  3. SUS303 Rocker Sole Remake を作る 3 「ロフト角/ライ角」

    2018.09.10

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 3 「ロフ…

    今回はロフト角とライ角の決定です。ここは転がりに影響する一番重要なところです。このスペックの…

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 3 「ロフト角/ライ角」
  4. パッティングを難しくしない

    2020.07.15

    パッティングを難しくしない

    パッティングに悩んでいる人の多くはパッティングを複雑に考えすぎてしまっている場合が多いです。…

    パッティングを難しくしない
  5. どうも構えづらいという人が多いです

    2019.07.8

    どうも構えづらいという人が多いです

    ここのところ数名の方が連続で買ったままの状態のパターが構えづらいという相談でいらっしゃいました。…

    どうも構えづらいという人が多いです
  6. パッティングでのグリップの持ち方を考える

    2018.08.14

    パッティングでのグリップの持ち方を考える

    パッティングでのグリップの持ち方は人それぞれで正解はありません。ですが、自分のやろうとしていることや…

    パッティングでのグリップの持ち方を考える
  7. ショートパットのミスを知る実験 フェースの向き編

    2018.07.4

    ショートパットのミスを知る実験 フェースの向き編

    今日はフェースの向きに注目してみました。フェースの向きにはアドレス時の向きとインパクト時の向きがあり…

    ショートパットのミスを知る実験 フェースの向き編
  8. フェースの素材とボール

    2019.02.25

    フェースの素材とボール

    ボールの種類によってドライバーのつかまりが変わったりしますが、パターのフェース面の素材と、ボールに…

    フェースの素材とボール
  9. 利き手の手の平なのか?反対の手の甲なのか?

    2018.09.3

    利き手の手の平なのか?反対の手の甲なのか?

    フェースを真っ直ぐに向けるイメージは人によって作り方が異なります。自分の場合は間違いなく利き…

    利き手の手の平なのか?反対の手の甲なのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP