今日の検証は上下の打点の違いによる影響をエネルギーロスに注目して検証してみました。

このデータをとるのに何度かやり直しをしましたが、打点が上と下では上下の起動の違いが出ていることを前提でデータをご覧ください。

基本的に打点がフェースの上の方になる場合、アッパー軌道が弱くなったりダウンブローになる場合が考えられます。

またフェースの下の方で打てた時にはアッパー軌道になりやすいことが考えられます。

フェースの上で打つよりも下で打った時の方がボールの転がりが良くなりそうな感じがしますが、実際にデータを見てみると…

まずはデータをご覧ください。

打点が下の時(アッパー軌道)のエネルギーロス
打点が上の時(ダウンブロー軌道)のエネルギーロス

これを見ていただくと明らかに違うのが一番上の項目で「Shaft Arc to Roll」の部分です。フェースの下で打ったアッパー軌道ではボールの回転が順回転になっていますが、フェースの上で打った時にはバックスピンになっていることです。

そして下で打った順回転の時にはエネルギーロスがになって+1.2%、バックスピンではエネルギーロスが-1.7%になっています。

もう少し大きい差が出ると思っていたのですが、実際にはこの打ち方の違いでの転がりの違いは数字以上です。

  • コメント: 0

関連記事

  1. インパクトを作る

    2020.08.7

    インパクトを作る

    今日の話は自分と同じタイプの打ち方をしている人限定の話です。全ての人に当てはまる話ではありませんの…

    インパクトを作る
  2. ショットの縮図のパッティング

    2019.03.20

    ショットの縮図のパッティング

    パッティングストロークの分析での最初の打ちながらのヒアリングで、ショットについてのことを聞くことが…

    ショットの縮図のパッティング
  3. ミドルパット vs ショートパット 1/2

    2018.05.30

    ミドルパット vs ショートパット 1/2

    短いパットを外すっていやですよね...。せっかく250 Yardを飛ばしても、50cmを外してしまう…

    ミドルパット vs ショートパット 1/2
  4. 軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果2

    2019.05.16

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果2

    今日は細かいデータではなく、結果どっち打ち出せたかのデータを見てみました。このデータが一番…

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果2
  5. クローグリップは球が転がる

    2019.07.1

    クローグリップは球が転がる

    自分だけなのかもしれませんが、どうしても打てなくなってショートしがちになった時はクローグリップに切…

    クローグリップは球が転がる
  6. 柔らかいグリップに注意すべき人

    2019.05.23

    柔らかいグリップに注意すべき人

    最近では ODYSSEY が純正グリップに Super Stroke を採用したり、Scotty …

    柔らかいグリップに注意すべき人
  7. 一般的なANSER型の重心位置

    2019.02.7

    一般的なANSER型の重心位置

    少し前の Scotty Cameron NEWPORT ですがシャフトを外して重心位置を調べてみま…

    一般的なANSER型の重心位置
  8. パッティングストローク分析を受けてみませんか?

    2019.05.22

    パッティングストローク分析を受けてみませんか?

    いつもお勧めしているパッティングストローク分析ですが、5月いっぱいに限ってパッティングラボを見たと…

    パッティングストローク分析を受けてみませんか?
  9. Spider X をなぜ上手く使えなかったのか?

    2020.03.18

    Spider X をなぜ上手く使えなかったのか?

    先日投入してみた Spider X がなぜうまく使いこなせなかったのかを考えてみました。…

    Spider X をなぜ上手く使えなかったのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP